NEW
宇多川久美子「薬剤師が教える薬のリスク」

抗がん剤でがん悪性化との米国調査報告…多量の肉や砂糖摂取が原因と指摘

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 本連載前回記事で説明したように、身体が万全の状態であれば、ナチュラルキラー(NK)細胞などの免疫システムが十分に反応して「がん細胞の元」を攻撃しますが、疲れやストレスがたまってしまうと免疫機能が不十分になり、「がん細胞の元」を見逃すことが多くなります。また、歳を重ねれば身体の機能も衰え、細胞をコピーする際にミスも多くなります。

 つまり、高齢になるほど、がんを発症するリスクは高まるのです。事実、国立がん研究センターがん対策情報センター発表の「年齢階級別のがん罹患率」(2011年全国推計値)を見ると、がん発症数は50歳から急激に高くなっていきます。

 長寿大国の日本で、がんの死亡者が増え続ける背景に、長寿が関係していることは否めません。

 とはいえ、がんの研究や治療方法が進歩しているにもかかわらず、死亡者数が年平均5000人も増え続け、毎年30万人以上もの方が亡くなるのはなぜでしょうか。単に高齢化が進んだという理由だけで、がん患者が増え、がんで亡くなる方が増えたことを説明することはできません。

 確かに、医療は目覚ましい進歩を遂げている部分もあります。しかし、がんをはじめとする慢性疾患に関しては、ほとんど進歩が見られないのが現状です。なにしろ、生活習慣病の患者数は一向に減っていないのです。

 がんに関しては、検査技術が進歩し、以前に比べ早期のがんを見つけられるようになりました。そのため一見、治療効果が上がってがんの死亡率が下がっているように映るデータもあります。しかし、これは単に、より早期のがんが発見できるようになり、がんを発見する数が増えたことや早期発見の分だけ生存期間が延びたため、がんの生存率が上がったかのように見えているからではないでしょうか。

 つまり、ある程度進んだがんに対する治療効果は、以前からあまり変わっていないというのが現状なのではないでしょうか。

 結局、日本でがんの死亡者数がそれほど減らない理由は、高齢化だけではないようです。

アメリカではがんの死亡者数が減っている

 日本に先駆け、アメリカでは1960年代からがんをはじめとする生活習慣病が増大していました。膨れ上がった医療費がアメリカ経済をひっ迫するようになり70年代初頭、政府により治療技術の改善を図るべく、巨額の予算が投じられました。ところが、効果はまったく上がらず、がんによる死亡者とがん罹患者は増え続けました。

『薬剤師は抗がん剤を使わない』

日本人の2人に1人はがんになるという時代において、抗がん剤は果たして有効なのか

amazon_associate_logo.jpg

抗がん剤でがん悪性化との米国調査報告…多量の肉や砂糖摂取が原因と指摘のページです。ビジネスジャーナルは、連載、がん副作用抗がん剤の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!