NEW

「名経営者の代名詞」日本電産・永守会長、有価証券報告書に「事業上のリスク」として記載

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本電産本社・中央開発技術研究所(「Wikipedia」より/J o)

 日本電産の永守重信会長兼社長を“名経営者”として持ち上げる媒体が目立つ。永守氏に死角はないのか。

「買収王」の異名をとる永守氏のパワーを評価する声は多いが、日本電産は本当に今後も急成長を続けられるのだろうか。有価証券報告書に事業上のリスクとして永守氏自身が記載されている。ズバリ、“ポスト永守”が難題なのである。永守氏は72歳。カリスマ経営者が避けて通れない道だが、後継者選びに失敗すると、とたんに“普通の会社”になってしまう。

永守重信の後継者の条件


 永守氏は、2016年6月28日付「出世ナビ NIKKEI STYLE」のインタビューで、後継者選びについて3つの条件を挙げている。

「日本電産の企業の理念である『世界的な企業をつくろう』という思いを引き継いでくれる人だ。『このくらいでいいやないか』『土日はゴルフでもして月に1度くらいはコンペをやろう』とか、趣味や遊びを優先する人は駄目だ」

「人間的な魅力があること。『この人のために働きたい』と思ってこそ人はついてきてくれるんだから。私はたくさんのエリートをみてきたけど、冷たいよね。人はリーダーの背中を見て仕事をする。戦国時代の武将みたいに、先頭に立って『さあいくぞ』という人でなければ。そういう強いリーダーじゃないと次を託せない」

「私と相性があわなきゃ。そりゃそうでしょう、人生観や職業観が全然あわなかったら、きついね」

後継者は片山幹雄氏か吉本浩之氏か


 永守氏は、「(後継者は)4人から5人の候補者がいる」と語っている。その1人として名前を挙げたのが、シャープの元社長で現在日本電産の副会長兼CTO(最高技術責任者)の片山幹雄氏だ。

 片山氏は14年10月に現職に就き、あらゆるものをインターネットにつなげるインターネット・オブ・シングス(IoT)関連事業の総責任者として指揮を執っている。永守氏は「2030年度に数兆円の売上高を見込んでいる」と大きな期待を寄せる。

「出世ナビ」では、『片山君、日本のジョブスになれ』とのタイトルで片山氏への思いを語っている。米アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏は、いわずと知れたスマートフォン(スマホ)iPhoneを発売し、スマホ時代を切り拓いたスーパースターである。永守氏は片山氏にIoT時代の技術開発を託している。

「名経営者の代名詞」日本電産・永守会長、有価証券報告書に「事業上のリスク」として記載のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アップル日本電産日産自動車の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!