NEW

カイロプラクティック、死亡事故や脊髄損傷で障害残る例も…素人同然の施術者多く、見極め困難

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 肩こりや腰痛など体の痛みを感じたとき、指圧、マッサージ、整体などで施術を受けたことのある人も多いだろう。なかでも、アメリカで生まれた治療法で日本でも人気が高いのが「カイロプラクティック」だ。


 厚生労働省の『「統合医療」情報発信サイト』は、カイロプラクティックを「主に脊椎やその他の身体部位を調整(矯正)することにより、ゆがみの矯正、痛みの軽減、機能改善、身体の自然治癒力を高めることを目的」とするものと定義している。要は、背骨のゆがみなどを手技(しゅぎ)で矯正することで、痛みを軽くしたり体の状態を良くしたりするわけだ。

 しかし、近年、このカイロプラクティックでけがをしたり、ひどい場合は死亡したりする事例が相次いでいるという。実際、アメリカでは、昨年10月に成人向け娯楽雑誌「PLAYBOY」の専属モデルだったケイティ・メイがカイロプラクティックで受けた首の治療が原因で脳卒中により死亡したと報じられ、日本でも注目を集めた。

 なぜ、カイロプラクティックで事故が起きるのか。いったい、カイロプラクティックの何が「危険」なのだろうか。

首の施術は椎骨動脈を傷つけ、死に至る可能性も


「カイロプラクティックは、体の部位のなかでも、特に背骨のゆがみを矯正する施術を重視します。しかし、背骨というのはデリケートで慎重に扱われるべき部位。それにもかかわらず、カイロプラクティックには安易に施術を行う『自称カイロプラクター』が非常に多いのです」

 そう話すのは、現役の鍼灸師のA氏だ。人体の専門家として、A氏は以前からカイロプラクティックの施術内容に疑問を抱いていたという。

「背骨は、体を支えるだけでなく脳から直接伸びる太い神経(脊髄)を保護する役割があります。脊髄からは末梢神経が枝分かれし、全身に張りめぐらされているため、脊髄を損傷すると、その下の末梢神経につながる部位まで障害が残る可能性があります」(A氏)

 また、カイロプラクティックでは、背骨のゆがみ矯正の延長で首に手技療法を施すことがあるが、これもかなり危険度の高い施術だという。

「『首に刺激を与えることで首の骨(頸椎)の間に詰まった神経がとれ、首の痛みやコリが解消される』と、説明するカイロプラクターもいるのですが、首への施術は、やり方を誤ると椎骨動脈を傷つける恐れがあります。最悪の場合、死に至る可能性も否定できません」(同)