NEW

『あなたのことはそれほど』、視聴率が早くも1桁台に…波瑠と鈴木伸之のクズぶりが「斬新」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『あなたのことはそれほど』公式サイトより

 波瑠や東出昌大らが出演するドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の第2話が25日に放送され、平均視聴率は初回から2.1ポイントダウンの9.0%(関東地区平均、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。

 いくえみ綾の漫画を原作とした今作は、心惹かれぬまま涼太(東出)と結婚した主人公・渡辺美都(波瑠)が、中学時代に恋心を抱いていた同級生・有島光軌(鈴木伸之)と偶然再会し、不倫関係に陥っていくストーリー。第2話では、美都が恋にのめり込んでいき、ついには親友の助言も無視して有島と温泉旅行に出かけるまでが描かれた。

 初回放送後は「登場人物の誰にも共感できない」と視聴者からさんざんな不評が上がったが、第2話に対しても「こんな有害ドラマ、なぜ放送するのか」「カルテットの後枠がこんなクソドラマで本当に悲しい」「せっかく信頼を築いた火曜22時枠のドラマのクオリティとしてどうにも許せない」など、非難が相次いだ。その理由は、ほぼすべて、波瑠演じる美都があまりにも愚かであることに起因する。

 第2話では美都の行動がますますエスカレート。有島と関係を持ったことは一度の過ちで済ませておけばいいのに、「また会いたいな」と連絡先を知らせてしまい、その後は有島から連絡が来るたびにウキウキそわそわ。スマートフォンを手に洗面所へ駆け込んでメッセージを確認し、涼太が様子を見に来るとあわてふためくなど、怪しさ全開。

 勤め先の院長のアドバイスに従い、有島との再会を学生時代に離れ離れになってしまった女友達との再会であるかのように涼太に話すが、その嘘があまりにもぎこちない。結局この嘘は、不信を抱いた涼太が、美都の母親・悦子(麻生祐未)が経営するスナック店を訪ねて話をしたことでバレてしまう。

 そんなこととは知らない美都は、有島と夜桜見物に出かけた。能天気に屋台のたこ焼きをパクついたかと思えば、またもやホテルで有島に抱かれる美都。彼女のバカさ加減にイライラしていた視聴者も、抱かれながら「なんで結婚しちゃったんだろう」と考える光景には心の底から「はぁ?」と言いたくなったのではないか。割り切った遊びとして不倫をしているならまだ救いようもあるが、「有島美都になりたかった」などとお子様みたいなことを言いながら不倫する人妻など怖すぎる。

 さらに美都は「嘘が下手」と涼太にバレているのも知らずに有島と温泉旅行に出かける約束をしてしまい、親友の香子(大政絢)に有島とのことを話す。「結婚するってことは恋愛終了ってことでしょ? あんたはもう渡辺美都なの。バカ」と、懸命に止めようとする香子。だが親友の忠告も耳に入らない美都は「バカだけどお願いが……」と、自分と一緒に旅行に行ったことにしてほしいとアリバイづくりの協力を頼む。さすがにキレて席を立つ香子。

 だが、今の美都はそんなことなど意に介さない。有島と温泉旅行に出かけ、露天風呂に浸かりながら「大事な友達を失ってまで見てるこの景色は世界で一番キレイ」と幸せにひたる。有島を「運命の人」と信じ込む美都には、夫を裏切っているという罪の意識はない。むしろ結婚が早すぎた、もしくは間違っていたのであって、運命に従う自分の行動は何も間違っていないと信じ込んでいるらしい。この、不倫に対する後ろめたさのなさは、なかなか斬新である。

怪演が期待された東出も不発に

 そんななか、有島は妻の麗華(仲里依紗)から子どもが生まれたとの連絡を受ける。妻が妊娠している間だけの遊びのつもりだったのか--。「奥さんが出産で里帰りしてて所沢にいるんだ」と、急に子持ち既婚者であることを明かす有島。さすがの美都も、これで目が覚めるかと思った視聴者の淡い期待は、予想外の台詞で裏切られる。「大丈夫、私も結婚してるから」--。

 大丈夫とは?……と戸惑う視聴者を置いてきぼりにして、結婚指輪を取り出して左手薬指にはめる美都。その手を有島に掲げながら「ほら」と笑顔を見せる。有島も満面の笑みで「なんだ、よかった」と答える。どうやら我々の住んでいる世界と彼らの住む世界では、「大丈夫」や「よかった」の意味合いが違うらしい。そんな有島の笑顔を見つめながら、「あれ? 有島君、もしかして私より悪い人だった?」と心の中でつぶやく美都。テレビの前の視聴者の「今さらかよ!」とのツッコミが聞こえてきそうだ。

『あなたのことはそれほど』、視聴率が早くも1桁台に…波瑠と鈴木伸之のクズぶりが「斬新」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TBSあなたのことはそれほど視聴率の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!