NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

宅配ロッカーで現金書留は受け取れる?「受け取れない」解消へ、宅配ロッカーの進化

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メールボックス一体型宅配ボックス「POSTAKU」(「フルタイムシステム」より)
“物流パンク”の救世主と目される宅配ロッカー(宅配ボックス)。国を挙げての導入が進められているが、業界の動向はどうなのか。


 そこで、7月7日付記事『宅配便1日1000万個で社会問題化…宅配ロッカーは物流パンクの救世主となるか?』では、日本で初めて宅配ロッカーを開発した原幸一郎氏が代表取締役を務めるフルタイムシステムの広報室に話を聞いた。後編では、宅配ロッカーにまつわる「なぜ」について、お伝えする。

宅配ロッカーで現金書留は受け取れる?


――宅配ロッカーで受け取れないものはあるのでしょうか?

フルタイムシステム広報室(以下、広報) 最終的に配送会社さんの判断に任され、弊社としては「受け取れる/受け取れない」の断言ができない荷物がいくつかあります。代引きや着払いの荷物、貴重品、クール(冷蔵、冷凍)の荷物、家電、食品(生鮮食品)などですね。これらは受け取れないケースもあるかもしれません。ただ、食品に関しては、弊社では食品専用の宅配ロッカーも用意しています。

――前編で「書留が宅配ロッカーで受け取りOKになったことで普及が進んだ」という話がありましたが、「現金書留」も受け取れるのでしょうか?

広報 現金書留は難しいかもしれませんね。まず、書留を宅配ロッカーで受け取りたい場合は、入居者さんが日本郵便さんに対して「この宅配ロッカーで書留を受け取りたい」という「指定場所配達」の届け出を事前に出す必要があります。

 ただ、送り手から「手渡しでなければダメ」と指定されている場合、「指定場所配達」の申請をしていても宅配ロッカーでは受け取れないそうです。さらに、郵便局側の判断で「手渡しでなければNG」とされるケースもあり、その判断は局によって違うともいわれています。

宅配ロッカーがあるのに不在届が入る謎


――宅配ロッカーといえども、すべての荷物を受け取れるわけではないんですね。

広報 弊社としては「送る側」と「受け取る側」がOKであれば「なんでも入れてください」という立場ですが、万が一のことを踏まえ、「送る側」「配送」「受け取る側」のみなさまの判断にお任せしています。もちろん、宅配ロッカーはログで荷物の出入り確認をしているため、安心してお使いいただける体制を整えています。

――書留の場合、紛失の責任は日本郵便が(制限の範囲内で)負うため、日本郵便が「入れないほうがいい」と判断するのもわかりますね。

広報 逆に言えば、「送る側」「受け取る側」「配送会社」がすべて「宅配ロッカーでの受け取りOK」という荷物であれば、宅配ロッカーで受け取ることができます。

――私の住む集合住宅にも宅配ロッカーがありますが、たまに、先ほどの「受け取れないかもしれないもの」でも、現金書留でも、入らないほど大きいものでもないのに、不在届が入っていることがあります。

 つまり、それは「送る側」もしくは「配送会社」がNGとしたケースということですね。となると、受け取る側とすれば、EC(電子商取引)の利用時に備考欄に「宅配ロッカーに入れてください」と明記しておけば、入れてもらえる可能性が上がるということですね。

広報 はい。それでも難しいケースはあるかもしれませんが、受け取る側がその一言を添えるだけで、「送る側」は「宅配ロッカーに入れていい」と判断することができますし、箱にそう明記されていれば配送会社さんもわかります。そのため、荷物を受け取れる確率は高くなると思います。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。

amazon_associate_logo.jpg

宅配ロッカーで現金書留は受け取れる?「受け取れない」解消へ、宅配ロッカーの進化のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ヤマト運輸宅配ロッカー日本郵便物流の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!