NEW

「ガラガラ」と悪評噴出のレゴランド、逆に混雑なし&子ども大はしゃぎで最高!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛知県名古屋市の「レゴランド・ジャパン」
 4月に愛知県名古屋市にオープンした「レゴランド・ジャパン」。開業前には年間来場者約200万人、1日あたり5500人弱を見込んでいたという。東海地方で年間来場者数200万人ほどのテーマパークといえば、「名古屋港水族館」や「鈴鹿サーキット(モートピア)」があるが、レゴランドはそれらに肩を並べることができるのか。


 開業後、インターネット上では「人が少なくガラガラである」という声も少なくない。「人通りの少ない場所に位置しているから、仕方ない」という声もあるが、意外とアクセスは悪くない。電車では、名古屋駅から金城ふ頭駅まで1本24分、車では伊勢湾岸自動車道の名港中央ICを降りてすぐ。決して「行きづらい」場所ではないのである。

 では、何が人を遠ざけているのか。やはり「価格」だろう。大人1人6900円という入園料は、決して安くない。オープン前には、各種報道で東京ディズニーランド(TDL)やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と入場者数や入園料を比較されていた。こうした報道が、人々に「強気な価格設定」というイメージを植え付けたのではないだろうか。

 とはいえ、価格に見合うサービスや楽しさを享受することができれば、行く価値はあるだろう。そこで、レゴランドは本当にコストパフォーマンスが悪いのか、どのくらい楽しめるのか、確かめるべく足を運んでみた。

アトラクションは10分待ち&貸し切り気分も


 6月のある土曜日に、2歳の息子を連れてレゴランドへ。すでに訪れたことのある友人や知人からは「楽しかった」という声を多く聞いていたので、期待を持って行った。

 事前にネットで「1DAYパスポート」を購入していたため、チケット売り場に並ぶことなく、バーコード提示でスムーズに入園した。「1DAYパスポート」や年間パスポートの利用者が多いのか、チケット売り場にはほとんど人が並んでいなかった。


 あくまで体感だが、「土曜のわりには来場者は少なめ」だと感じた。子どもが走り回っても、見失わない程度の人の多さである。客層はファミリー層が多く、ベビーカーが目立った。レゴランドのアトラクションは、基本的に抱っこひもでの利用がNGのためだろう。各アトラクション乗り場の近くには、ベビーカー置き場が設置されていた。アトラクションの待ち時間は5~45分ほど。



 混んでいると予想していた「Splash Battle(スプラッシュ・バトル)」は10分待ち。しかも、人数が少なかったためか、定員MAXではなく、1~2グループでの乗車だったため、ちょっとした貸し切り気分を味わうことができた。

「S.Q.U.I.D. Surfer(スクイッド・サーファー)」や「Lost Kingdom Adventure(ロスト・キングダム・アドベンチャー)」は待ち時間45分ほど。人気といわれるアトラクションでも、このくらいの待ち時間だったため、子どもも駄々をこねることなく待つことができ、子連れの身としてはストレスなく回ることができた。


 唯一、気になったのは飲食店の人のばらつきだ。レストランは人気メニューなどを推しているためか、店内はほぼ満席。しかし、ハンバーガー店はほとんど人がいない状態で、2階席やテラス席も数組だけで閑散としていた。


 お昼の時間帯から外れていたが、広い店内にこれだけ人がいないと「経営は大丈夫だろうか」と少し心配になった。

「ガラガラ」と悪評噴出のレゴランド、逆に混雑なし&子ども大はしゃぎで最高!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンレゴランド名古屋市東京ディズニーランドの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!