NEW
宇多川久美子「薬剤師が教える薬のリスク」

日焼け止め、その強力な毒性…皮膚がんの恐れ、精子減少や脳への悪影響が動物実験で判明

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 本連載前回記事では、日焼け止めについての基本的な解説をしました。今回は、日焼け止めの弊害について考えてみたいと思います。

 前回もウォータープルーフタイプの日焼け止めは、帰宅したらできるだけ早く洗い流すことが大切と述べましたが、日焼け止めの効果が高く、落ちにくいということは、日焼け止め成分が肌に密着しているわけで、日焼け止めを塗っている肌は、皮膚呼吸が正しく行われていません。また、途中で何度も塗り直せば、皮膚はさらに呼吸できない状態が続きます。そのことで皮膚の代謝がうまくいかず、肌トラブルの原因になる可能性があります。

 日本で発売されている日焼け止め、売れ筋10商品のうち9商品に使用されている紫外線吸収成分「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」に、環境ホルモン作用があることがわかってきました。この成分は、女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンや甲状腺ホルモンもかく乱することが示唆されています。

 2011年のラットを使った実験では、妊娠中と授乳期での母親への暴露によって、母親と生まれたオスの子どもで、甲状腺ホルモンレベルの減少が確認されています。オスの子どもの男性ホルモンの量が少なく、前立腺と精巣サイズが小さくなり精子数の減少も確認され、脳の発達への影響も指摘されています。また、この成分は皮膚から浸透し体内へ吸収されることもわかっており、授乳中の母親を対象にしたスイスでの調査では、母乳の78%から検出されたとのことです。

 甲状腺ホルモンのバランスの乱れは、倦怠感や疲労感、皮膚や髪のハリ・艶を失う、冷え性、便秘なども引き起こす可能性があります。

 紫外線吸収成分のパラアミノ安息香酸は皮膚がんを引き起こす可能性が指摘されています。

 また、紫外線吸収剤より人体への影響が小さいといわれている紫外線散乱剤ですが、その主成分である酸化チタンや酸化亜鉛も、WHO(世界保健機関)がその発がん性を指摘しています。また、東京理科大学のマウス実験では、子どもの脳や精巣に粒子が入り込み、細胞死や生殖機能低下を引き起こすことがわかっています。

『薬剤師は抗がん剤を使わない』

日本人の2人に1人はがんになるという時代において、抗がん剤は果たして有効なのか

amazon_associate_logo.jpg

日焼け止め、その強力な毒性…皮膚がんの恐れ、精子減少や脳への悪影響が動物実験で判明のページです。ビジネスジャーナルは、連載、日焼け止め環境ホルモン作用皮膚がんの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!