NEW

『魔女宅』キキはなぜ17歳のJKに?カップヌードルが青春アニメCMを作る理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


魔女の宅急便』のキキが17歳の女子校生になった姿と、甘酸っぱい青春の日々を過ごしている模様を描いた日清食品のカップヌードルの新CM『HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇』。

 キャラクターデザインを、マンガ『ツルモク独身寮』(小学館)などを手掛け、イラストレーターとしても活躍している窪之内英策が担当、キキ役を女優の浜辺美波、とんぼ役は梶裕貴が演じたこのCM。

 成長したキキやトンボが動いてしゃべったことに感動するファンもいれば、宮崎駿監督とスタジオジブリが手掛けた名作映画とのビジュアルや舞台とのギャップに怒るファンも、「日清がまた変わったCMを作っている」と無邪気に喜ぶファンも散見されるなど、とにかく注目を集めたのは印象に強いところ。

 チキンラーメン、カップヌードル、日清のどん兵衛、そして日清焼そばU.F.O.など名だたるロングセラーブランドを抱え、インパクトが強く、メッセージ性の高いCMを作り上げてきた日清食品だが、一方でアニメCMは意外に珍しい。

 どんな狙いがあって、17歳のJKとなったキキの姿を描こうと思ったのか。そして高クオリティーな映像はどう制作されたのか、そして公開後はどんな反応が起き、それをどう受け止めているのか。

 企画を担当した日清食品ホールディングス・宣伝部の岡崎俊英氏に話を聞いてみた。


「『誰も見たことのない青春』を、日清食品らしくユニークな手法で表現したい」

――岡崎さんはもともとアニメがお好きだったんですか?

岡崎俊英(以下、「岡崎」) そういうわけではないです。人並みに、普通に見ていたというレベルです。

1708_cup_main550.jpg
メインビジュアル

――了解です。では今回のCMで、どんなことを表現したかったったのか、改めてご説明いただけますか。

岡崎 カップルヌードルの歴代のCMには、「若者の青春を応援する」といった共通のコンセプトがあります。最近では、ビートたけしさんを起用したCMの「いまだ!バカやろう!」というスローガンも、若者に対して叩かれることを恐れずに馬鹿やろうよと提案したものですし、『STAY HOT』シリーズでは「いいぞ、もっとやれ。」というスローガンに、冷めた生き方なんてもったいないから、熱い自分を出していこうというメッセージをこめました。

 今回の『HUNGRY DAYS』シリーズは、ストレートに“青春”がコンセプトですが、ただ青春を応援するだけでは心に響くCMにはなりません。そこで、日清食品らしいユニークな手法で表現しようと、“青春アニメCM”というアイデアにたどり着きました。

 若者だけでなく、すべての人に青春時代は存在していた、その“青春”を応援していきたい――そういったメッセージを伝えるために、国民的なコンテンツのパラレルワールドという舞台を用意して、「誰も見たことのない青春」を表現する――これが今回のCMのコンセプトです。

――カップヌードルのCMはお腹が空いている若い人向けということで、どちらかと言えば男くさいイメージがあったんですけど、今回のCMはとてもさわやかです。女性層も意識されたのですか?

岡崎 たしかにカップヌードルのユーザーには男性が多いですが、女性を特に意識したわけではありません。昨年はアニメ映画が大ヒットして話題になり、アニメというものがコアなファンだけのものではないという認識が進みました。そういった世の中のトレンドも意識しながら“青春アニメCM”という企画がスタートしたので、メッセージを送るターゲットが変わったわけではありません。

――なるほど。では、広く一般層に知られたアニメが多数あるなかで、なぜキキたちが17歳になった『魔女の宅急便』となったのでしょうか?

岡崎 「青春」に変換するという手法で、『魔女の宅急便』という誰もが知っている著名な作品の主人公たちが高校生になった姿を描いたら、カップヌードルらしいユニークさ出せるのではないかなと考えたからです。

『魔女宅』キキはなぜ17歳のJKに?カップヌードルが青春アニメCMを作る理由とはのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇カップヌードルスタジオジブリ日清食品魔女の宅急便の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!