NEW

三菱財閥、謎のベールに包まれた「最強組織」の秘密と内実

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
旧岩崎邸庭園(「Wikipedia」より/Wiiii)

 1893年(明治26年)に設立された三菱合資会社にそのルーツを持ち、実に120年以上の歴史を誇る三菱財閥。金融、電機、自動車、化学など幅広い業界にわたる企業群を有し、日本に存在する財閥のなかでも、日本経済における存在感や強い結束力は突出しているといわれる。一方、財閥内全体の統制を司る意思決定機構が存在するわけではなく、具体的にどのようなかたちでグループ運営がなされているのかは明確ではなく、外部からその実態をうかがい知ることは難しい。

 今回は、そんな“謎のベール”に包まれた三菱財閥の内実について、『三菱財閥 最強の秘密』 (宝島社新書)の著者であるジャーナリスト、田中幾太郎氏に話を聞いた。

『三菱財閥 最強の秘密』 (田中幾太郎/宝島社新書)
――田中さんは本書内で三菱グループについて、「これだけの企業グループは国内のみならず、世界にも例を見ない」と書いています。三菱グループは三井グループや住友グループと比べて、何が違うのでしょうか。

田中幾太郎氏(以下、田中) 三井の二木会は、もともと会員企業の経営にはノータッチで、横のつながりが弱いのです。かつては三井銀行(現三井住友銀行)頭取だった小山五郎が水面下で動いて三越事件を処理した例がありますが、それ以降は小山五郎や江戸英雄(元三井不動産会長)のような大物が現れず、ヘッドクォーター機能も存在していません。

 白水会は「結束の住友」といわれるように横のつながりが強いですが、意思決定は全会一致が原則なので、何も決まらないというマイナス面もあります。しかも、結束力においても、住友銀行(現三井住友銀行)、住友化学と並んで御三家だった住友金属工業が、新日本製鐵と合併して白水会から脱退してしまいました。

 それに対し、三菱金曜会(以下、金曜会)には会員同士のヒエラルキーがあり、三菱重工業、三菱商事、三菱東京UFJ銀行が「御三家」として最上位にランクされ、御三家を含む主要10社が「世話人会」を構成し、持ち回りで世話役を務めています。御三家が三菱グループの根幹となっています。

――金曜会は親睦会を表明していて、ホームページには例会の内容として「主としてグループ共通の社会貢献案件の審議」「社名に三菱を冠称することになった会社の紹介」「格界でご活躍の方の講演」と書かれています。

三菱財閥、謎のベールに包まれた「最強組織」の秘密と内実のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、三井住友銀行三菱自動車慶應義塾大学の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!