NEW
梅原淳「たかが鉄道、されど鉄道」

新幹線1両の値段は1億円超?グリーン車は1.5倍?知られざる電車車両の秘密

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東海道・山陽新幹線歴代車両(「Wikipedia」より/Taisyo)

 全国には合わせて6万4790両の鉄道車両が在籍している(2015年3月31日現在。出典は国土交通省「平成26年度 鉄道統計年報」)。鉄道会社の形態別に見ると、JR各社は3万6400両と全体の56.2パーセントを占め、大手私鉄が1万7286両で26.7パーセント、中小私鉄が5923両で9.1パーセント、公営鉄道が5181両で8.0パーセントと続く。用途別では旅客用が5万3050両で81.9パーセントと多数を占め、貨物用は1万587両で16.3パーセント、試験や検査、除雪といった特殊用は136両で0.2パーセントとなる。

 車両の種類のなかで最も多いのは電車だ。動力を生み出す装置に電動機を使用して旅客や貨物を運ぶ電車は4万9631両と、全体の4分の3あまりに相当する76.6パーセントを占める。新幹線で旅客を乗せる車両はすべて電車であるし、大都市の通勤路線で用いられている車両もまず間違いなく電車であるといってよい。

 電車に次いで多い車種は、動力をもたずに機関車にけん引される貨物用の車両を指す貨車で1万411両、16.1パーセントである。以下、動力や駆動用の電力をディーゼル機関によって生み出して旅客や貨物を運ぶディーゼルカーが2726両で4.2パーセント、動力を生み出す装置を搭載して他の車両をけん引する機関車が1017両で1.6パーセント、動力を持たずに機関車にけん引される旅客用の車両を指す客車が525両で0.8パーセント、特殊車やその他の車両が471両で0.7パーセントと続く。

車両のお値段


 ところで、鉄道車両は年間に何両くらいつくられるのだろうか。15年度には1737両が製造された。うち1555両が国内の鉄道会社向け、残る182両が輸出となる(出典は国土交通省「鉄道車両等生産動態統計調査」)。

 気になる鉄道車両の輸出先は、統計を作成した国土交通省に問い合わせたところ、特に取りまとめていないという。財務省の貿易統計では年度ではなく15年暦年の輸出実績がまとめられており、鉄道車両は中古を含めて691両輸出されたとある。1両当たりの輸出価格がFOB(本船渡し価格)で1000万円未満の鉄道車両はさすがに新車ではないであろうと推察すると、残りは199両であった。

新幹線1両の値段は1億円超?グリーン車は1.5倍?知られざる電車車両の秘密のページです。ビジネスジャーナルは、連載、グリーン車三菱重工業新幹線の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!