NEW
富家孝「危ない医療」

人生100年時代=長寿という残酷…寝たきり老人大国・日本の現実

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 最近、さかんに「人生100年時代」という言葉を聞くようになった。たとえば、野村証券は「人生100年パートナー」宣言を発表し、高齢者に向けて投資信託やつみたてNISAを推奨している。また、オリックス生命保険は85歳まで加入可能な医療保険をつくり、太陽生命保険は「100歳時代年金」を売り出している。

 こうした動きを目にすると、まるで自分が100歳まで生きられるかのように思ってしまうが、なぜ今、「人生100年時代」というフレーズが言われ出したのだろうか?

 大きな要因は政府の動きである。安倍政権は2017年に「人生100年時代構想」を打ち出し、これまで8回にわたり官僚や有識者を集めて会議を開いている。先ごろ、内閣府は中間報告をまとめて発表したが、それによると、これからは「リカレント教育」(生涯教育)が大切であるとされ、官民が力を合わせて努力していくことが提唱されている。とくに、大学教育を改革し、いくつになっても学べ、それによって退職後も起業したり再就職したりできるようにしなければならないとしている。

 もともと「人生100年時代」は、英ロンドン・ビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏らが著した『ライフ・シフト』というベストセラーが発端だ。この本では、これからの人間は寿命が延びるにつれて、人生設計を変えていかなければならないということが述べられている。

 つまり「人生100年時代」になると、これまでのように「教育→仕事→引退」の順に同世代がいっせいに進行していく「3ステージ」の人生は通用しなくなる。100歳まで生きるとしたら、80歳から20年もあるわけで、人生を「マルチステージ」にシフトしなければならないというのだ。

 これに飛びついたのが安倍政権である。「一億総活躍社会」というスローガン、「人づくり革命」という目玉政策は、『ライフ・シフト』の内容にピッタリはまったからだ。そのため、「人生100年時代構想会議」では、リンダ・グラットン教授を委員として招聘している。

長寿は素晴らしいことなのか?


 しかし、医者の私の実感からすると、果たして本当に「人生100年時代」が来るのかは大いに疑問だ。また、仮にそうなるとしても、それが私たちに幸福をもたらすかどうかはわからない。現代はともかく「長寿は素晴らしい」という価値観で動いている。しかし、本当に長寿は素晴らしいことなのだろうか?

 厚生労働省の2017年の高齢者調査によると、現在、100歳以上の高齢者は全国で6万7824人に上り、この20年間で約6.7倍も増えたという。また、国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計によると、100歳以上の高齢者は今後も増え続け、2025年には約13万3000人、35年は約25万6000人、50年には約53万2000人になるという。

 すでに日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳に達している。医学は日進月歩し、最近はゲノム治療まで行われているので、平均寿命が今後も伸びるのは確実だ。そのため、2007年生まれの人の半数は107歳まで生きられるという予測も出ている。となると、現在、30~40代の人は90歳を視野に、20代の人は100歳を視野に入れて人生設計をしなければならないということは、ある程度、納得がいく。

人生100年時代=長寿という残酷…寝たきり老人大国・日本の現実のページです。ビジネスジャーナルは、連載、つみたてNISA介護公的年金の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事