NEW
梅原淳「たかが鉄道、されど鉄道」

新幹線、大阪北部地震でも「無事故・無脱線」を遂げた、知られざるスゴい仕掛け

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪で震度6弱の地震、線路上に停止した東海道新幹線の車両(写真:毎日新聞社/アフロ)

 新幹線にまつわる事件、トラブルが6月になって相次いで起きている。6月20日現在、4件が確認されており、発生順に紹介しよう。

 9日にはJR東海東海道新幹線新横浜-小田原間を走行中の「のぞみ265号」の車内で男が突然刃物を振り回し、隣に座っていた女性客に切りつけた。男はさらに通路をはさんで座っていた女性客にも切りつけ、止めに入った男性客に馬乗りしてなおも切りつける。この結果、男性客1人が死亡し、女性客2人が負傷する惨事となった。

 14日にはJR西日本の山陽新幹線小倉-博多間で、博多駅を出発した東京行きの「のぞみ176号」が福岡県北九州市八幡西区を走行中、線路に立ち入った男性をはねてしまう。「のぞみ176号」は車両の先頭部を破損したまま走行し、最初に停車した小倉駅でも運転士や駅員は異変に気づかずにそのまま出発する。直後にすれ違った列車の運転士によって初めて異常事態が判明し、本来は通過駅である次の新下関駅に臨時停車して運転を打ち切った。なお、男性が線路に立ち入った動機は自殺のためであったという。

 17日にはJR東日本の東北新幹線仙台-古川間で走行中の東京発、新函館北斗・秋田行きの「はやぶさ21号・こまち21号」の車両の屋根上に搭載されたパンタグラフに鳥が衝突するトラブルが起きた。この結果、車両に走行用の電力を供給する架線、そして架線の電力を取り入れるためのパンタグラフとの間で過大な電流が生じたため、安全のために架線への送電はブレーカーの働きにより瞬時に中断される。停電を受けて「はやぶさ21号・こまち21号」は自動的に非常ブレーキが作動して停止したものの、再発進に手間取り、およそ5時間にわたって立ち往生した。

 18日の朝7時58分には大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生し、大阪市北区や高槻市、枚方市(ひらかたし)、茨木市(いばらきし)、箕面市(みのおし)で最大震度6弱を観測する大地震が発生する。大きな揺れに見舞われたものの、早期に地震の先行波を検知して警報するシステムの働きによって、周辺を走行中の列車はすべて無事に停止した。地震直後から東海道・山陽両新幹線とも一部の区間が不通となり、点検の結果、東海道新幹線は米原-新大阪間が同日の12時50分までに、山陽新幹線は新大阪-岡山間の上り線が同日の14時58分までにそれぞれ列車の運転を再開して両新幹線とも全線の復旧を果たす。

新幹線、大阪北部地震でも「無事故・無脱線」を遂げた、知られざるスゴい仕掛けのページです。ビジネスジャーナルは、連載、JR東海地震対策東海道新幹線の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事