NEW

フジテレビ「中身で勝負できません」宣言!? 『みんなのニュース』の目玉企画に視聴者嘲笑の雨あられ!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fujiterebi0325.jpg
フジテレビ本社(撮影:編集部)

 現在平日の夕刻に放送中『みんなのニュース』(フジテレビ系)が4月から全面リニューアルすることとなった。これまでよりスクープに力を入れていくのか、はたまた著名コメンテーターや評論家を配して格調高い番組に仕上げるのか......。筆者としてはそのように考えていたのだが、アテが外れた。

 リニューアルの目玉となるのは、日替わりで「若手イケメン俳優」が登場するというもの。鈴木勝大(月)、渡部秀(火)、白石隼也(水)、中尾明慶(木)、永瀬匡(金)という形で、芸能人が「曜日担当コメンテーター」となるらしい。コンセプトは「みんなのニュース Hop!」で、明るく軽やか、Hopしたくなるような1時間を目指すとのことだが......。

 筆者の反応もそうなのだが、世間の反応も予想通り。「だからフジはだめなんだ」「ニュースの内容そっちのけ」「奥様方にウケるだろうという浅はかな発想」など散々な言われようだ。正直、その通りである。

 視聴者はニュース番組の質を「ニュース」に求めているわけで、特に知識があるイメージもないタレント出演を求めているわけではない。そんなことはメディアに携わっていない人間でも分かりそうなものだが......これでは「中身で勝負できません」と世間に宣言しているようなものではないか。

 無論、出演するイケメン俳優が的確なコメントをバシバシ語るなら話は別だ。もしかしたらキレのあるコメントができる人物を起用したという可能性もなくはないだろう。しかし、ここ数年のフジテレビの"迷走"や"底の浅い企画"を見るにつけ、世間がその期待を抱くのが難しいのも事実。

 月曜日担当・慶應義塾大学卒の鈴木勝大は「初めての環境となりますが、ニュースを通じて明るく楽しい時間を皆さんと一緒に過ごせたら」とコメント。妻は女優の仲里依紗で一児の父でもある木曜日担当・中尾明慶は「家庭を持つ一人の男として、視聴者の皆様の生の声を少しでも代弁できたら。身近な疑問を単刀直入にズバズバ聞いていきたい」と語っている。

 中尾はようするに「素人ですが本音はいいます」と語っているようにしか聞こえない。鈴木もどうしていいか分からないけど楽しくやるという感じのコメントだ。フジはニュースに専門性など微塵も求めていないらしい。

 迷走に次ぐ迷走でいよいよ何がしたいのかも理解できなくなってきたフジ。視聴者との距離は遠のくばかりだ。たまには「本質で勝負」してほしい。