NEW

北村宏司騎手がリハビリから実戦復帰!復活を目指す師弟の「絆」と藤沢和雄調教師の「とにかく勝て」に秘められた意味とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keiba0810.jpg

「(膝は)大丈夫でした。レースも前と同じ感覚でした」

 28日、約4カ月の休養から復帰した関東の北村宏司騎手は報道陣の質問に対して笑顔で応えたが、内心は勝ちたかったはずだ。

 昨年12月に左膝を捻挫し、手術とリハビリを経て今年4月2日に復帰。その間にお手馬で菊花賞馬のキタサンブラックを失っていた。それでも復帰週に2勝を挙げるなど気を吐いたが、翌週の競馬終了後、左膝に違和感を覚え再び休養。再検査の結果、軟骨の遊離が判明した。

 再び手術を受け、トレセンには6月30日に戻ったものの、今度は慎重にリハビリを行うため、騎乗は調教だけに留めていた。焦りが再発の可能性を生み、次の長期離脱はいよいよ騎手生命を怪しくするからだ。

 そして、先週の27日、28日。満を持して復帰を遂げた北村宏騎手だが、昨年から膝を痛めて2度に渡る長期休養があった騎手をいきなり乗せるほど甘い世界ではない。実戦感覚も含め、本当にちゃんと乗れるのかと敬遠した関係者も少なくないという。

 ましてや人間関係が希薄になって久しい今の時代。弱肉強食、常に金銭が発生する競馬で、有能な騎手が長期離脱を機に落ちぶれることは決して珍しくない話だ。

 しかしそんな中、損得勘定を二の次にして、復帰したばかりの北村宏騎手を積極的に起用した調教師がいた。北村宏騎手の師匠にあたる関東の名伯楽・藤沢和雄調教師だ。

 北村宏騎手はもうフリーになっているため、厳密には藤沢和調教師が直接的な師匠ではない。だが、同騎手がデビューした1999年からフリーに転向した2011年まで師弟関係を築き、フリーになった以降も積極的に支えてきたのは間違いなく藤沢和調教師だ。

 今から3年前の2013年。この2人の間柄を表す象徴的な出来事があった。

北村宏司騎手がリハビリから実戦復帰!復活を目指す師弟の「絆」と藤沢和雄調教師の「とにかく勝て」に秘められた意味とはのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、北村宏司競馬藤沢和雄の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!