NEW

パナソニックは日本電産のM&A戦略を真似たか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 特に、厚遇でスカウトされたエリートは、その期待に応えなくてはならないというプレッシャーを感じる。その結果、相手企業の実力、中身を精査しないうちに手を出してしまう恐れがある。いわゆる、高値つかみにつながる。最悪の場合、M&A後に減損損失を強いられるようになる。

 この点、日本電産では永守氏という創業者がお目付け役になっている。もし、パナソニックがM&A戦略において日本電産を真似ているとしたら、エリートである津賀社長が、エリートの新役員をどう操るかが重要なポイントとなる。

 「真似した電器」の本領を発揮するとすれば、どのような改善した戦略を打ち出し、企業価値を上げていくかが見ものである。
(文=長田貴仁/岡山商科大学教授<経営学部長>、神戸大学経済経営研究所リサーチフェロー)

パナソニックは日本電産のM&A戦略を真似たかのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事