NEW

「クリスマスはチキン」イメージ、KFCの策略?KFCさんに直撃質問!その驚異的売上額

文=編集部

 確かに、筆者も子どもの頃、実家でクリスマスの日にパーティバーレルを買ってもらった記憶がある。あの豪華さは、子どもにとって夢のようなご馳走だった。こうした商品展開やアイディアが、「クリスマスにはチキン」という認識を広めてきたといえそうだ。

「日本のクリスマスは、宗教的な色彩からは少し離れ、どちらかというと、楽しく、あるいはロマンティックに過ごすイベントのひとつ、生活を彩る催しとして定着しているように思います。現在もクリスマスには多くのお客様にご来店を頂いています」(同)

 ちなみに2015年のクリスマス期間(12月23~25日)、KFCの全国1,125店(稼動店)の総売上は54億9000万円を記録。前年比104.4%を達成した。

 また、KFCは同年、クリスマスキャンペーンを過去最長の7日間実施していた。その結果、キャンペーン期間における1店舗あたりの売上は632万円(前年比101.2%)と過去最高の数字を叩き出し、全国1,125店の総売上高は71億1000万円にもなったという。

 このような数字からも、「クリスマスにはケンタッキー」が定着、浸透していることは明白といえよう。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合