NEW

シュークリームの「ヒロタ」運営会社、創業社長の電撃的追放劇…投資ファンドにより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 経営陣と投資会社の泥沼抗争が続いていた保育園大手、JPホールディングス(HD)は6月28日、名古屋市のホテルメルパルクNAGOYAで株主総会を開いた。

 会社側が提案した取締役8人の選任を求める議案で、荻田和宏社長以下6人の再任を否決した。荻田氏の賛成率は36.06%と半数を大きく下回った。一方、発行済み株式の27.41%を保有する筆頭株主の投資会社マザーケアジャパンの坂井徹代表を含む取締役2人を選任する株主提案は可決された。坂井氏の賛成率は63.56%だった。

 取締役から荻田派の役員が一掃されたため、会社提案の2人と株主提案の2人、計4人の経営陣(ボード)となった。新社長には会社側と筆頭株主の双方が支持する古川浩一郎氏が就いた。古川氏を取締役に選任する議案の賛成率は97.69%に上った。

 古川氏は1985年、慶應義塾大学商学部を卒業し、大和証券に入社。2000年2月にジェイ・プランニング(現JPホールディングス)に転職。創業者で前社長の山口洋氏のもとで同年6月に取締役に就き、経営の中枢を歩いていた。荻田社長体制下では日本保育総合研究所取締役に転じ、経営の本流から外れていた。

 混乱の発端は1年前にさかのぼる。山口氏に近い株主が取締役の任期短縮などを求める株主提案を提出し、提案に反対する荻田氏ら経営陣との対立が表面化した。山口氏側は臨時株主総会の開催を請求。17年11月の臨時株主総会で株主提案は否決された。

 18年1月、山口氏は保有株の大半を売却。マザーケアジャパンが27.41%を保有する筆頭株主となった。別の株主が荻田氏の社長解任を求めて臨時株主総会の招集を請求し、3月に2度目の臨時株主総会が開催されたが、そこでも株主提案は否決。

 しかし、マザーケアジャパンは攻撃の手を緩めなかった。4月に別の株主が荻田氏の解任を求め、3度目の臨時株主総会の招集を請求。総会の運営で不正があったとしてマザーケアジャパンがJPHDを提訴するなど、抗争は泥沼化していた。

 定時株主総会前は「再任は五分五分」との見方もあったが、結果は荻田氏が惨敗した。マザーケアジャパン以外の株主も、経営の混乱を収拾できない荻田氏に「ノー」を突きつけたということだ。

シュークリームの「ヒロタ」運営会社、創業社長の電撃的追放劇…投資ファンドによりのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、JPホールディングスイルムスジャパンマザーケアジャパン洋菓子のヒロタの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事