NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

ダイエット・筋トレ機器EMS、米国で皮膚障害の注意喚起、効果示すデータなしと指摘

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 有名プロスポーツ選手がコマーシャルに登場するなど、EMSと呼ばれるダイエット筋トレ機器が再ブームとなっています。

 EMSは「電気筋肉刺激」を意味する英語の頭文字で、もともとは麻痺した手足などを治療する方法として100年ほど前から知られていたものですが、20年くらい前からは家庭用のダイエット機器として市販されるようになりました。

 多くの商品は、乾電池で動作する電流発生装置と、皮膚に貼り付けるパッド(電極)、パッドに塗るジェル、それに装置やパッドを固定するベルトなどからなっています。太ももやお腹など、鍛えたい部位の皮膚にパッドを貼り、スイッチを入れると1秒間に5~20回くらいの頻度で断続的に電流が流れ、筋肉を収縮させるという仕組みです。

 うたい文句は、「寝ながら痩せられる」「仕事しながら腹筋運動」などです。

 英国の新聞「ガーディアン」は、医学論文を引用しつつ、腕、太もも、腰回りなどに多数のパッドを貼って使用していた10名を超える人たちが、横紋筋融解症という重い障害を負ったと報じました【注1】。脂肪を落とし、筋トレ効果を高めるとして宣伝されているが科学的根拠は乏しい、とも書いています。

 実際のところはどうなのでしょうか? 人間を対象にして効果や健康被害を調べた研究は多くないのですが、前述の報道を裏付ける基礎研究のひとつを紹介しましょう【注2】。カナダとデンマークの研究者チームが行った実験で、健康な若い男性を対象に、まず片足を合計210回、何回かに分けて屈伸してもらいました。太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えるためのトレーニング・マシンを使ったそうです。そのあと、反対の足に電気筋肉刺激を同じ回数だけ行ったという実験です。

 筋肉の一部を両足から採取して電子顕微鏡で観察したところ、電気筋肉刺激を行ったほうの足で、筋肉細胞の破壊が激しかったと結論しています。ただしこの実験は、市販のEMS機器を使ったわけではなく、医師が筋肉に針型電極を刺して刺激するという方法が取られていましたので、そのまま市販品について同じ結果になるかどうかはわかりません。

ダイエット・筋トレ機器EMS、米国で皮膚障害の注意喚起、効果示すデータなしと指摘のページです。ビジネスジャーナルは、連載、EMSダイエット筋トレ機器の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事