NEW

牛丼並が一番高い吉野家に、松屋とすき家から客が流入している理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉野家の牛丼

 牛丼大手3社の客数で明暗が分かれている。吉野家が絶好調の一方、すき家と松屋が客離れに苦しんでいる。

 吉野家を展開する吉野家ホールディングス(HD)が7月6日に発表した2018年3~5月期の吉野家事業売上高は、前年同期比3.8%増の249億円だった。

 既存店売上高が好調に推移したことが寄与した。客数が好調で、3月は前年同月比3.6%増、4月は4.4%増、5月は2.9%増だった。6月も好調で7.5%増となっている。6月まで8カ月連続でのプラスだ。好調な客数に引き上げられるかたちで売上高も好調に推移し、同じく8カ月連続でプラスとなっている。

 吉野家の客数が好調である一方、ライバルのすき家と松屋は冴えない状況が続いている。

 すき家の客数は、3月が0.2%減、4月が2.7%減、5月が4.6%減、6月は0.6%減となっている。6月まで4カ月連続でのマイナスだ。

 松屋の客数も厳しい状況が続いている。3月が3.5%減、4月が1.8%減、5月が1.1%減、6月は3.3%減となっている。6月まで9カ月連続でのマイナスだ。

 このように、客数の面では吉野家が一人勝ちとなっている。その理由のひとつとして、すき家と松屋の値上げがある。すき家と松屋の値上げを嫌気した客が吉野家に流れたと考えられる。

 すき家は昨年11月下旬に値上げした。牛丼の並盛りは価格を350円に据え置いた一方、中盛り・大盛りは470円から480円に、特盛りとメガ盛りは50円引き上げ、それぞれ630円、780円とした。

 主力の並盛りは据え置いたため大きな客離れにはつながっていないが、客数の動向に鑑みると、多少は影響したと考えられる。ただ、値上げ以降、客単価が前年同月比で大きく上昇しており、客単価が引き上げるかたちで売上高は好調に推移している。昨年11月から今年6月までの8カ月間で前年同月を下回ったのは今年の5月だけとなっている。

 松屋は4月上旬に値上げした。牛めしの並盛りは290円から320円に引き上げている。それ以外のサイズの牛めしは40~50円値上げした。定食やカレーなどのメニューも10~50円引き上げている。主に首都圏で展開する少し高めの「プレミアム牛めし」は並盛りを据え置いた一方、大盛りと特盛りを10~20円値上げした。

牛丼並が一番高い吉野家に、松屋とすき家から客が流入している理由のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、すき家吉野家松屋の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事