NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

『スター・ウォーズ』や『インディー・ジョーンズ』の音楽が観客の心を震えさせる秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「映画がヒットすれば、あとからドンドン追加の出演料も入って来るし、首席奏者ともなると、ヒット作品で家を買った人もいたらしいよ]

 そのような大ヒット作品をたくさん作曲してきたジョン・ウィリアムズは、どれほど稼いでいたのかと想像を巡らせたくなりますが、当のジョン・ウィリアムズは、まったく偉ぶることもなく、自分の音楽だけでなくチャイコフスキーやプロコフィエフも愛する素敵な音楽家です。大スター作曲家にもかかわらず、とても謙虚な方で、当時若造だった僕に対しても丁寧に接してくれて、僕も大ファンになりました。オーケストラのメンバーも、親しみを込めて「ジョン」と呼んでいます。

『スター・ウォーズ』の指揮で大失敗

 僕も『スター・ウォーズ』を何度か指揮したことがあります。最近は、日本のオーケストラもよく演奏していていますが、僕にとって一番印象的だったのは、ロサンゼルス・フィルハーモニックによる子供のためのコンサートです。そのときのテーマは「映画音楽」でした。

 ステージを、映画音楽スタジオと同じにするという趣向でした。ステージの背後には大スクリーンが設置され、『スター・ウォーズ』の戦闘場面が映し出されています。もちろん、サウンドは無く、代わりに生オーケストラが演奏するわけです。指揮者の僕の前にも小さなモニターがあり同じ画像が流れているのですが、ひとつ違うのは、モニター画面を横切って右から左に点が通るのです。その点が真ん中に来るタイミングで指揮棒を振れば、オーケストラと画像がぴったりと合う仕組みです。

 さて、本番。オーケストラの演奏が素晴らしく、僕も感動してしまい、少しの間モニターからうっかりと目を離してしまいました。気が付くと、点と指揮がずれてしまっている。オーケストラは僕の指揮だけを頼りに演奏しています。焦って大画面を見ると、敵の戦闘機は、音楽よりも先に爆発していたのでした。
(文=篠崎靖男/指揮者)

●篠﨑靖男
 桐朋学園大学卒業。1993年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで最高位を受賞。その後ウィーン国立音楽大学で研鑽を積み、2000年シベリウス国際指揮者コンクール第2位受賞。
 2001年より2004年までロサンゼルス・フィルの副指揮者を務めた後、英ロンドンに本拠を移してヨーロッパを中心に活躍。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、BBCフィルハーモニック、ボーンマス交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、フィンランド放送交響楽団、スウェーデン放送交響楽団など、各国の主要オーケストラを指揮。
 2007年にフィンランド・キュミ・シンフォニエッタの芸術監督・首席指揮者に就任。7年半にわたり意欲的な活動でオーケストラの目覚ましい発展に尽力し、2014年7月に勇退。
 国内でも主要なオーケストラに登場。なかでも2014年9月よりミュージック・アドバイザー、2015年9月から常任指揮者を務めた静岡交響楽団では、2018年3月に退任するまで正統的なスタイルとダイナミックな指揮で観客を魅了、「新しい静響」の発展に大きな足跡を残した。
 現在は、日本はもちろん、世界中で活躍している。ジャパン・アーツ所属
オフィシャル・ホームページ http://www.yasuoshinozaki.com/

『スター・ウォーズ』や『インディー・ジョーンズ』の音楽が観客の心を震えさせる秘密のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事