NEW
梅原淳「たかが鉄道、されど鉄道」

知ってビックリ「線路の踏切」の秘密…閉まってから到達まで20秒、カンカン音の決まり

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 鉄道の線路と道路とが平面で交差する場所を踏切という。2016(平成28)年3月31日現在で、全国の鉄道路線の延長は2万8079.3キロメートルあり、3万3856カ所の踏切が設けられている。平均すると830メートルおきに踏切が現れる計算だ。

 踏切がどれほど多いかは、鉄道に関する施設や構造物の数と比べるとすぐにわかる。駅や停留場の数は1万28カ所であるし、トンネルに至っては4920カ所にすぎない。全国に13万7510カ所に設けられた橋梁(きょうりょう)が踏切を上回っているのが目立つ程度だ。

 一口に踏切とはいうが、列車から道路を通る自動車や歩行者などを守るための保安設備の差によって、第一種から第四種までに分けられる。

 第一種とは遮断機と警報機とを備えた踏切を指す。全国に3万207カ所設けられていて、踏切のなかで最も多い。

 第二種とは係員によって遮断機を閉じる踏切を指す。これだけならば第一種の踏切となるが、第二種の踏切の場合、遮断機は道路を通る自動車や歩行者が多い時間帯にだけ閉じられる。実は第二種の踏切は今では1カ所も存在しない。

 第三種とは警報機だけを備えた踏切を指す。全国に774カ所が設けられている。本来、今日では踏切はすべて第一種としなくてはならない。しかし、列車の本数が少ないとか、道路を通る自動車の通行量が少ない場合に限って第三種の踏切の設置が認められている。

 第四種とは遮断機も警報機も備えられていない踏切だ。全国に2875カ所設けられている。第三種と同様、第四種の踏切も本来は設置してはならない。だが、将来第一種か第三種かに改造を行うまでは第四種のままでよいと、事実上黙認されている。

どのように作動するのか?


 最もよく見かける第一種の踏切はどのように作動するのであろうか。第一種の踏切のうち、遮断機が自動的に作動する踏切を例に見てみよう。

 まず、列車が近づくと警報機から警報音が鳴る。どのくらいの距離まで接近したときかは、その踏切を通る列車のなかで最も速い列車に合わせてあるので一概にはいえない。しかし、時間で示すことは可能で、一般的に列車が踏切に到達する35秒前だ。仮に列車の最高速度が時速100キロメートルであれば、踏切の972メートル手前に列車が近づいたときに警報音が鳴り出す。

知ってビックリ「線路の踏切」の秘密…閉まってから到達まで20秒、カンカン音の決まりのページです。ビジネスジャーナルは、連載、線路踏切鉄道の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事