NEW

JT「プルーム・テック」、紙巻タバコより健康懸念物質99%低減…臭気濃度1%未満に

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見を行う福地淳一・JT執行役員渉外企画室長(右)と北里大学医学部附属臨床研究センター教授・熊谷雄治氏

 日本たばこ産業(以下、JT)は11月9日、同社が販売する加熱式タバコ「プルーム・テック」を使用することによる、体内に取り込まれる健康懸念物質の体内曝露量に関する調査結果を発表した。16種の成分に関して調査したところ、紙巻きタバコ使用時に比べると、プルーム・テック使用により多くの成分の体内曝露量が大幅に低減できると同時に、禁煙した場合と同等の水準まで低減できたとした。

 研究は、北里大学医学部附属臨床研究センター教授である熊谷雄治氏の協力のもとで実施された。JTは、喫煙に伴う健康へのリスクを低減させる可能性のある製品を「リスク低減製品」と定義。プルーム・テックを「リスク低減の可能性のある製品であり、タバコ業界のイノベーション」と語るJTの福地淳一執行役員渉外企画室長に話を聞いた。

健康懸念物質を紙巻きタバコより99%低減

――プルーム・テックは紙巻きタバコと比較して、ニコチンやタールのような健康懸念物質を低減できるとの調査を発表されました。この調査結果を踏まえ、紙巻きたばこや他社製品との比較についてお聞かせください。

福地淳一氏(以下、福地) まずニコチンは過剰に摂取した場合には、頭痛や吐気を引き起こすことがありますが、通常の紙巻きタバコでの喫煙量であれば影響が少なく、慢性的な健康影響を考えた場合、基本的にタールのほうに問題があります。紙巻きタバコは燃焼に伴ってタールが発生しますが、プルーム・テックは燃焼による煙は発生しないので、タールが排出されません。過去に行った調査でも、プルーム・テックからWHO(世界保健機関)が懸念する9つの物質がほとんど検出されなかったのは、燃焼による煙が発生しないことに起因すると思います。紙巻きタバコと比較して、これら健康懸念物質を99%低減できた意味は大きいです。

 他社製品については、事実のみ申し上げます。JTの製品は低温加熱式タバコで、タバコカプセル内の温度は摂氏30度ほどですが、他社の加熱式タバコは加熱温度が200~350度と理解しています。低温のほうが健康懸念物質を排出する量も少ないと考えられます。他社は「健康懸念物質を90%削減」と発表していますが、弊社の「99%低減」との違いは、その温度差に起因しているのではないでしょうか。

――他社製品は「焼き芋」のようなにおいがするとの声があります。プルーム・テックのにおいは、いかがでしょうか。

福地 においについては、社外の調査機関に調査を依頼しました。その結果、においのレベル感は、紙巻きタバコを100%とした場合、臭気濃度は1%未満です。これも「低温加熱方式」により、においを大幅に低減することが可能になりました。

JT「プルーム・テック」、紙巻タバコより健康懸念物質99%低減…臭気濃度1%未満にのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、JTプルーム・テック加熱式タバコ受動喫煙の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事