NEW

武田薬品、格付け会社が一斉に格付け引き下げ…財務悪化で株価急落、巨額買収の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武田薬品・東京本社(「Wikipedia」より)

「財務リスクは承知しているが、好機を逃すわけにはいかなかった」

 武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長は、アイルランド製薬大手シャイアーを買収する議案が、2018年12月5日の臨時株主総会で承認されたことを受け、メディアの取材にこう答えている。

 買収総額は460億ポンド(約6兆6000億円)。日本企業による海外企業のM&A(合併・買収)としては過去最大である。この買収により武田薬品は世界第8位の売上規模となり、悲願としてきた世界のベスト10、“メガ・ファーマ”の仲間入りを果たした。

 しかし、その代償は大きい。買収資金は新株発行と3兆円超の借り入れや社債で賄う。有利子負債が6兆円近くに膨らむ上に、1兆円以上の「のれん」が急増する。買収後の経営に疑念が渦巻く。

 格付け会社は、当然のことだが、財務リスクを懸念する。格付投資情報センター(R&I)は、武田薬品の発行体格付けを「ダブルAマイナス」から「シングルA」に2段階引き下げた。ムーディーズ・ジャパンは、発行体格付けを「A2(シングルAに相当)」から「Baa2(トリプルBに相当)」に3段階下げた。

 東京株式市場の評価も厳しい。18年12月7日、武田薬品株は一時6%安の3859円まで急落した。4000円を割り込むのは13年1月以来6年ぶり。下落は続き、12月19日に年初来安値の3498円をつけた。12月28日の大納会の終値は3705円(87円安)。17年12月29日の大納会の終値6401円と比較すると42%の下落だ。巨額負債による財務悪化が改めて意識された。

シャイアーの買収案は、89.13%の賛成で可決

 18年12月5日、アイルランド製薬大手シャイアーの買収の承認を得るための臨時株主総会をインテックス大阪(大阪市)で開き、約850人が出席した。

 ウェバー氏は冒頭で買収の意義を説明。「年間4000億円以上の研究開発投資が可能になる。世界でも競争力のある水準だ」と述べ、新薬の開発や営業面で規模の拡大がメリットをもたらすと強調した。

 質疑応答に先立ち、事前に株主から受けた質問に回答した。有利子負債の削減計画に関連し、買収から3年後には統合コスト圧縮効果が年14億ドル(約1600億円)に達することや、非中核資産の売却を進めることを説明した。

武田薬品、格付け会社が一斉に格付け引き下げ…財務悪化で株価急落、巨額買収の落とし穴のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アリナミンクリストフ・ウェバーシャイアー武田薬品工業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事