NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第1回

のん(能年玲奈)、『いだてん』出演はあり得る!レプロが抱く“不信感”の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『いだてん』への出演もまだあり得る!?

 で、より重要なのは、どちらがいいとか悪いかとかそういうことではなくて、「そのあとどうするか」ってところですよね。いったん事務所とモメたとなれば、のんちゃんは、その後はなるべく周りに迷惑をかけないで辞めるべきだったんだと思う。だけど、そういった意味で、のんちゃんはよくなかった。さんざんモメた挙げ句、音信不通になったりして、そういったもろもろの結果、いろんな人にたくさんの迷惑をかけてしまいました。彼女も当時は相当追い詰められていたとは思うし、感情的になってしまったのは仕方ないとは思うけど、前事務所とのトラブルが未解決な状態のまま、個人事務所の立ち上げを発表するのは…… なかなか厳しいですよね。やっぱりのんちゃん(とその周辺の人々)は、どこかで折り合いつけて、いろんな人に迷惑かけないようにしないといけなかった。

 今回も、結局変わらないままののんサイドのそういう姿勢に、レプロは不快感を持ったんでしょうね。ただ、報道では「和解の既成事実を作りたいがために、のん側がフライデーに情報をリークした」なんていうふうな分析もされていますけど、さすがにのんちゃんには、そういう計算はなかったんじゃないかな。ただ単に情報管理がされてなくて、思わずどこかで関係者が喋っちゃったとか、そういうことなんだと思いますよ。「フライデー」側も、その情報をつかんでしまったからには、芸能メディアとして撮らないわけにはいかないでしょうしね……。「フライデー」のあの報道さえなかったら、今頃「のんが大河ドラマで電撃復帰!!!」なんて、華々しく発表されていたかもしれないのに……あーあ、のんちゃんのあの才能を思えば、つくづく残念です。

 以前、彼女が「私の20歳という年が干されて終わる」と事務所の社長に訴えた……という話がメディアに流出してましたが、20歳どころか、のんちゃんももう25歳。女優としてのいい時期であったはずの彼女を、地上波のテレビ放送で見られなかったのはホントにもったいなかったなぁ。
 
 でも、もしかしたらですよ。のんサイドとレプロの話し合いは続いているかもしれないし、なんならもう話がついていて『いだてん』への出演が決まっているかもしれない。そんな可能性もまだまだありますよね。

“ドラマ中盤の目玉”として、「ベルリン大会篇」に登場する水泳の金メダリスト・前畑秀子役としてのんちゃんが出演するという噂もありますしね……。そのうち、“バーン!”と発表があるかもしれませんよ! 楽しみに待ちたいと思います。
(構成/白井月子)

●芸能吉之助(げいのう・きちのすけ)
弱小芸能プロダクション“X”の代表を務める、30代後半の芸能マネージャー。趣味は食べ歩きで、出没エリアは四谷・荒木町。座右の銘は「転がる石には苔が生えぬ」。

のん(能年玲奈)、『いだてん』出演はあり得る!レプロが抱く“不信感”の理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事