NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

杉田水脈議員、国会で野党議員の傍聴を妨害か…永田町で問題視する声も

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自民党の杉田水脈衆議院議員(写真:日刊現代/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 2月19日、両国国技館で「ジャイアント馬場没20年追善興行」が開催され、昭和のプロレスファンが大集結したことが報じられました。アントニオ猪木参議院議員の入場で開幕し、猪木議員は大声援で迎えられたそうです。神澤をはじめとする国会女子からは「税金の無駄遣い議員ナンバー1」という悪評しかない猪木議員ですが、昭和のプロレスファンにとってはまだ“神様”なんですね。

 見に行った秘書仲間によると、猪木議員は杖をつきながらも自分の足でリングに向かったそうです。「リングに上がると、生前の馬場さんからの対戦オファーを受けてしまうことになるので、リング下からあいさつします」とおっしゃったそうですが、実は自力ではリングに上がれないようだったといいます。そして、もちろん恒例の「1、2、3、ダーッ!」という元気なかけ声で締めくくったそうです。

「国会の質疑もあのくらい大きな声でしてくれたらいいのに……」というのが秘書仲間の感想で、私もそう思いました。ファンたちの声援はもはや絶叫といってもいいくらいだったそうで、猪木議員はそのおかげで参議院議員選挙の比例区で当選したのですから、もっと国民のために働いてくれたらいいのですが。

 会場には、ゲストとして出席した馳浩衆議院議員の姿もあったそうです。馳議員は国会議員に当選後も新日本プロレスから全日本プロレスへ移籍して、リングで戦われています。日頃から衆議院議員会館の健康センターでハードなトレーニングを続けているので、ファンたちは「どこかで飛び入り参加されるのでは」と期待していたようです。しかし、残念ながらスーツを脱ぐことはなかったようで、最前列で先輩方の試合をとても楽しそうに観戦されていたそうです。私も行きたかったです。

 思えば、プロレス界から政界入りする人は少なくありません。たとえば、西村修(文京区議)、土方隆司(狭山市議)、木村健吾(品川区議)、スペル・デルフィン(和泉市議)、澤田敦士(我孫子市議)の各議員は現職で活動されています。元議員には、大仁田厚(元参院)、神取忍(元参院)、ザ・グレート・サスケ(元岩手県議)の各氏のほか、少し前に後楽園ホールで「御年77歳」で裸になって話題になった「将軍KYワカマツ」こと若松市政氏(元芦別市議)もいらっしゃいます。

 プロレスに詳しい秘書仲間によると、プロレスラーはそれぞれ自分の「キャラクター」を設定してリングで戦うそうで、設定にはいろいろな場面を想定して、シリーズのストーリーもつくられるようです。その過程が選挙戦と通じるものがあるといい、プロレスでいう「チャンピオン」という目標は選挙の「当選」と同じなのかもしれませんね。

杉田水脈議員の“キレキャラ”は設定だった?


 国会にもいろいろなキャラの議員がいらっしゃるわけですが、プロレスとは違うのですから、あえて設定する必要はないと思います。とはいえ、キャラを無理に設定しているといわれているひとりが、自民党の杉田水脈衆議院議員です。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

杉田水脈議員、国会で野党議員の傍聴を妨害か…永田町で問題視する声ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、国会国会議員杉田水脈自民党の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!