NEW

イオン、“三代目”世襲へ準備着々…創業者の35歳・孫が異例の出世、関連会社社長に就任

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イオンの岡田元也社長(写真:つのだよしお/アフロ)

 小売業界最大手、イオンを率いる岡田家の御曹司、岡田尚也氏が3月1日、フランス発祥の有機食品などのオーガニック専門スーパー、ビオセボン・ジャポンの社長に就任した。

 岡田尚也氏はイオンの岡田元也社長の長男で、岡田卓也名誉会長相談役の孫だ。1983年生まれの35歳。大学卒業後は海外で働き、2015年1月にイオンリテールへ入社。ミニ食品スーパーを展開する「まいばすけっと」の店長を経て15年11月、イオンのオーガニック事業プロジェクトチームに加わった。

 16年11月、ビオセボン・ジャポンの営業部長に就任。店長として営業現場を経験して今回、社長に昇格した。設立以来、社長を務めていた土谷美津子氏は、イオンリテール取締役執行役員副社長、近畿カンパニー支社長に就任した。

 元也氏は、かねて「世襲は私で終わり」と口にしていたが、額面通り受け取る向きは少なかった。

 創業者の卓也氏は、長男の元也氏をグループのコンビニエンスストア・ミニストップの店長に就け、小売業の最前線を経験させ、その後、トップに引き上げた前例があるからだ。

 元也氏も尚也氏を「まいばすけっと」の店長を経験させてから、元也氏の肝いりの事業であるビオセボン・ジャポンの社長に据えた。オーガニック専門店という新規事業で成果を上げれば、グループの中核であるイオンリテールと持ち株会社イオンの経営陣に入る可能性が高くなる。

仏ビオセボンと共同出資で有機食品専門店を設立

 イオンは16年6月、フランスでオーガニック食品スーパーを展開するビオセボンと折半出資してビオセボン・ジャポンを設立した。出資比率はイオン50%、ビオセボンの親会社が50%。ビオセボンは08年の設立で、有機栽培した野菜や加工品の専門店。欧州で100店以上を運営する。

 16年12月9日、ビオセボンの国内1号店「麻布十番店」がオープンした。これに先立ち同月8日、店舗をマスコミに公開。元也氏とビオセボンの創業者、ティエリー・ブリソー氏が共同記者会見を開いた。

 元也氏は「フローズン、オーガニックのどちらの分野でもリーディングカンパニーになる」と宣言し、同時にこんなコメントもした。

「価値観が変わっていることに対し、小売りが応えきれていない。メーカーも同様。冷凍食品では割引販売ばかり、売っている商品も旧態依然として炒飯だとか。イオンでワールドダイニングシリーズが大きなヒットとなったように、コンセプトが変わっている。これに積極的に応えていかなくてはいけない」

イオン、“三代目”世襲へ準備着々…創業者の35歳・孫が異例の出世、関連会社社長に就任のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事