NEW

ソニー「プレステクラシック」が大コケ&“手抜き”で酷評の理由…動作遅延でプレイできず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京ゲームショウ2018で発表された「プレイステーション クラシック」(写真:つのだよしお/アフロ)

 昨年12月にソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)より発売されたゲーム機「プレイステーション クラシック」(以下、プレステクラシック)。1994年発売の初代プレイステーションのデザインを再現した筺体に名作ソフト20本が内蔵されたもので、大ヒットした任天堂の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(以下、ミニファミコン)「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(以下、ミニスーファミ)に続く、人気ゲーム機の復刻版ということで注目を集めた。

 しかし、市場の反応は乏しく、その売り上げは予想を下回っているという。プレステクラシック不振の原因は何か。また、ゲーム業界で「クラシックミニ」シリーズが相次いで発売されている理由とは。ゲーム事情に詳しいコラムニストのジャンクハンター吉田氏に話を聞いた。

復刻ブームに火をつけた任天堂

 昨今、ゲーム業界でよく耳にするクラシックミニ商品。昔なつかしのゲームが小さな筺体に内蔵されており、現役のゲームマニアだけでなく、そのゲーム機に熱狂していた世代がなつかしさで思わず入手してしまうことも多いという。

「本体にいくつかのソフトが内蔵されており、テレビにつなぐだけで遊べるゲーム機を『プラグ&プレイ』と呼びます。海外では昔からよくつくられていて、主におもちゃメーカーが子ども向けに企画・販売していました。人気キャラクターに特化したものが多く、そのキャラを模した外観で、内蔵ソフトはオリジナル作品というのが定番でした」(ジャンクハンター吉田氏)

 そのプラグ&プレイのなかには、レトロなゲームをテーマにしたものもあったという。

「『ATARI』など過去のゲーム機を再現したものや、ゲームメーカーの歴代作品をコレクション化した商品もありました。そんななかで、ゲーム機のコンソールをつくっていた任天堂のようなメーカーが自社でプラグ&プレイをリリースするというのは、確かに革命的なことでしたね」(同)

 2016年、任天堂が1983年に発売された初代ファミコンを模したミニファミコンを発売し、世界中で完売するほどの大ヒットとなった。17年には、ミニスーファミも発売。かつてのライバルメーカーもこのブームに乗り、18年7月にはSNKが「ネオジオ」の復刻版「ネオジオ ミニ」を発売、セガも19年に「メガドライブ ミニ(仮称)」を発売予定だ。

「北米ではファミコンのことを『NES』(Nintendo Entertainment System)と呼びますが、ミニ版も『Classic Edition』としてリリースされ大ヒットしました。というより、北米ではプラグ&プレイ版のほうが“本家”という扱いです。プラグ&プレイはもともと海外の文化ですから」(同)

プレステクラシックの致命的な欠点

 にわかに生まれたブームに乗り、満を持して発売されたのがプレステクラシックだ。現時点での累計販売台数は公表されていないが、初週販売は12万台程度(メディアクリエイト調べ)だという。悪くない数字に思えるが、ミニファミコンが同26万台、ミニスーファミが同36万台(エンターブレイン調べ)なので、その差は歴然だ。吉田氏によると、プレステクラシックは発売前からユーザーの評判が悪かったという。

ソニー「プレステクラシック」が大コケ&“手抜き”で酷評の理由…動作遅延でプレイできずのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事