NEW

井岡一翔、飛躍への障害・父親との絶対的亀裂…スター選手なのに深刻なスポンサー離れの裏事情

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
井岡一翔(写真:AFP/アフロ)

 日本人初のボクシング4階級制覇への再挑戦が決まった井岡一翔(30)。ジム移籍問題の兼ね合いもあり、2017年末に引退を発表後、一転して昨年9月には電撃復帰を発表してボクシング関係者を驚かせたことは記憶に新しい。復帰以降は主戦場を海外に移していた井岡にとって、6月に千葉で行われる一戦は、実に2年2カ月ぶりの国内復帰戦となる。

 海外に主戦場を移すことになった直接的な原因である父・井岡一法氏との不仲報道が取り沙汰されたが、国内復帰にあたり、父との関係は改善されたのだろうか。ボクシング関係者によれば、「表面上は解消されましたが……」と言葉を濁す。

「前提として、井岡はボクシングに対しては非常にストイックで、肩書やお金よりも『強いやつと戦って自分の価値を証明したい』と、強者との対戦を望んできた。ところが、父親はTBSと連携して、ジムにとってドル箱である井岡が確実に勝てるであろう相手を中心にマッチメイクしてきたんです。それが井岡にとっては納得いかなかったようで、父親との亀裂は次第に大きくなっていった。井岡は意外と周りの意見などを気にするタイプで、『井岡は強者との対決から逃げている』と言われることに対して過剰に反応していました。海外に拠点を移したのも、もう父親に黙っていてほしいから仕方なく、という側面が強いんです」

 復帰後の2戦は、いずれも井岡が望んだ強豪相手で、試合内容自体も好試合だったといえるだろう。ただ年末のマカオでの試合では敗れ、営業面でも思わぬ苦戦を強いられた。

「大晦日に海外でのワンマッチをテレビ放映するというのは珍しい。それが、実現したということは井岡のネームバリューと日本人初の4階級制覇というストーリーがあってのことでした。ただ、TBSサイドは、『採算が合うのか』と、当初から難色を示していました。蓋を開けてみれば、試合内容は玄人好みの好試合でしたが、大幅な赤字興行に終わり、それを機に、日本での復帰のタイミングを図っていました」(放送局関係者)

 加えて、資金づくりに関してトラブルを起こしてきた一法氏の存在は、スポンサーにも悪影響を与えたという。前出のボクシング関係者が続ける。

「本来であれば、井岡は実績的にも名前的にもスポンサーが多々ついてもおかしくない選手。それが現在は、実質的にパチンコメーカーSANKYO1社だけで、やはり父親の存在を嫌うスポンサーは多いのが実情です。井岡自身もそれは理解していて、父親との関係がこれ以上悪化するのは得策ではないと考えています。だから、表面上は関係が改善されたということになっていますが、内心は忸怩たる思いでしょう。実際に、大晦日の試合には一法氏が観戦したのを見て、SANKYOの関係者ですら、『なぜ父親がいるのか』と怪訝そうな表情をしていました。父親のせいで、ボクサーとしての全盛期に思うような活動ができなかったという遺恨は、簡単には消えませんよ」

井岡一翔、飛躍への障害・父親との絶対的亀裂…スター選手なのに深刻なスポンサー離れの裏事情のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、TBSボクシング井岡一翔谷村奈南の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事