NEW
短期集中連載「平成30余年のテレビドラマ史」第8回

『北の国から』から『おっさんずラブ』まで…現代ドラマにおける“脚本家”の役割と情報量

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 5月1日、いよいよ新元号「令和」が施行され、「平成」時代が幕を閉じた。

 平成元年時の“月9”枠は『君の瞳に恋してる!』(主演・中山美穂)、NHK大河ドラマは『春日局』(主演・大原麗子)、NHK朝の連ドラは『純ちゃんの応援歌』(主演・山口智子)であった。一方、平成最後の月9は『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(主演・窪田正孝)、大河は『いだてん~東京オリムピック噺~』(主演・中村勘九郎、阿部サダヲ)、朝ドラは『なつぞら』(主演・広瀬すず)である。

 この30年余の平成の御代、ドラマは時代を映し、またドラマが時代に影響を与えもし、数々の名ドラマ・迷ドラマが生まれた。この間、ドラマはどう変わり、そして何が変わらなかったのか、ニッポンのドラマに精通した2人の猛者が語り尽くす。

 ひとりは、テレビドラマ研究の専門家で、『ニッポンのテレビドラマ 21の名セリフ』(弘文堂)などの著作もある日本大学芸術学部放送学科教授の中町綾子氏。対するもうひとりは、本サイトにて「現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”」を連載する某芸能プロマネージャーの芸能吉之助氏。

 芸能界の“オモテ”を知る女性研究者と、“ウラ”を知悉する現役マネ。この両者は、平成のドラマ史をどう見るのか? 平成31年から令和元年をまたぐゴールデンウィークの短期集中連載として、全10回を一挙お届けする。

 連載第8回目のテーマは、「脚本家」。倉本聰氏、山田太一氏、向田邦子氏など「シナリオライター御三家」が活躍していた昭和時代、プロデューサー主導でドラマが作られていた平成時代を経て、今また“脚本家でドラマを選ぶ時代”が来ている?

【対談者プロフィール】
中町綾子(なかまち・あやこ)

日本大学芸術学部放送学科教授。専門はテレビドラマ研究。文化庁芸術祭テレビドラマ部門審査委員、 国際ドラマフェスティバルinTokyo 東京ドラマアウォード副審査委員長、ギャラクシー賞テレビ部門選奨委員を務める。“全録”(全チャンネル録画)できるHDDレコーダーがなかった時代から、研究室に5台以上のレコーダーを設置してドラマを見まくり研究してきたというドラマ猛者。

芸能吉之助(げいのう・きちのすけ)
弱小芸能プロダクション“X”の代表を務める芸能マネージャー。芸能ニュースを芸能界のウラ側から解説するコラムを「ビジネスジャーナル」で連載中。ドラマを観るのも語るのも大好き。最近の推しドラマは『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK総合)。

『北の国から1 Blu-ray版』(販売はポニーキャニオン)

『北の国から』というフジテレビの“柱”

中町教授 第7回でフジテレビのチャレンジ枠のお話をしましたが、平成のテレビドラマ史において、「フジテレビヤングシナリオ大賞」の意義は大きかった。1980年代初め、「シナリオライター御三家」と呼ばれていた倉本聰さん脚本の『北の国から』(フジテレビ系、1981年〜、主演・田中邦衛)が放送され、シリーズ化される。『北の国から』は、フジテレビのドラマ史の中でも、ひとつの大きな柱になっていると思うんです。それ以前は、「フジテレビはいい脚本家をつかまえられない」といわれていたと聞きます。

 それで、「いい脚本家を育てなければ」と開始されたのが、1987年に創設された「フジテレビヤングシナリオ大賞」。この賞の第1回目で大賞を受賞したのが、この対談でも何度も登場している坂元裕二さん(代表作『東京ラブストーリー』『最高の離婚』など)で、第2回目が野島伸司さん(『101回目のプロポーズ』など)なんですよね。ほかにも、信本敬子さん(『白線流し』シリーズなど)、尾崎将也さん(『アットホーム・ダッド』など)、金子ありささん(『ナースのお仕事』シリーズなど)、安達奈緒子さん(『リッチマン、プアウーマン』など)、橋部敦子さん(『僕の生きる道』など)など、現在も第一線で活躍中の錚々たる脚本家がこの賞の受賞者です。

吉之助 受賞後すぐに現場に引き込んで、連続ドラマを任せることも多かったんですよね。それまでの「脚本家の先生からいただいた脚本をもとにドラマを作る」というやり方ではなく、プロデューサーが若い脚本家に対して方向付けや注文をしながら脚本を作る……という方向にシフトしていった。

中町教授 駆け出しの脚本家の中には、プロデューサーとのやり取りやリライトで苦しめられた人もいると思いますが、それでも、実際に多くの脚本家を輩出していて、現在も活躍されている方も多い。

吉之助 さっきお話ししたように、1990年代からの20年間はこのやり方が功を奏して、たくさんの名作が生まれた。けれどこの10年くらいで、うまく歯車が噛み合わなくなってきた感じがしますね。でも、新しい才能を発掘してその場を与えるという試みは今でもずっと続いている。最近フジは、高校生向けのコンテストをしていますよね。

中町教授 「ドラマ甲子園」ですね。大賞を受賞した脚本作品は、CSチャンネルのフジテレビTWOで放送されるという。

吉之助 高校生に監督をさせて、プロの役者やスタッフと一緒に、自分の脚本のドラマを撮らせるんです。夢があるし、完成したものもちゃんとしている。ああいうことができるから、やっぱりフジテレビはすごいなって思うんですよね。

『北の国から』から『おっさんずラブ』まで…現代ドラマにおける“脚本家”の役割と情報量のページです。ビジネスジャーナルは、連載、フジテレビ倉本聰北川悦吏子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事