NEW

ライザップ、“ボロ会社”買い漁る「利益かさ上げ」経営再開か…経営揺るがす事態取り沙汰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライザップグループのロゴ(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「プロ経営者」は、たった1年でRIZAPグループを去る。

 減量ジムを展開するRIZAPグループは4月24日、プロ経営者として知られる松本晃氏が構造改革担当の取締役を退き、6月22日付で特別顧問となると発表した。併せて、住友商事元副社長で、情報システム会社SCSKの社長、会長を歴任した中井戸信英氏が、新たに取締役会議長に就く人事を内定した。

 松本氏は2018年6月、瀬戸健社長に請われてRIZAPグループの代表取締役最高執行責任者(COO)に就いた。相次いだM&A(合併・買収)を凍結、不採算事業の整理を進めるなど拡大路線に歯止めをかけた。同年10月にCOOを外れ、19年1月には代表権を返上していた。

 松本氏は「緊急的に実行すべきものはめどが立ち、一定の役割を果たすことができた」とのコメントを発表した。しかし、これはあくまでも建て前。“瀬戸商店”から脱皮しようとしない瀬戸社長に見切りをつけたというのが真相だとみる向きも多い。就任時に公約を掲げた「瀬戸健社長を一流の経営者に育てたい」との旗もたたんだ格好だ。
 

M&A路線をめぐる壮絶バトル

 松本氏は伊藤忠商事、米ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人を経て、2009年にスナック菓子最大手、カルビーの代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)に就任。シリアル商品「フルグラ」を大ヒットさせ、業績不振に喘いでいたカルビーを再生させた。凄腕の松本氏が、カルビー退社後に新天地として選んだのがRIZAPグループだった。

 18年6月、RIZAPグループのCOOに就任。傘下の子会社を見て回った上で、瀬戸社長に「新規のM&Aを全面凍結し、収益を上げられる事業に絞り込むなど体制の再構築」を提案した。当時、瀬戸氏は「毎月10社を資産査定し、平均1社を買収する」と豪語していた。

 松本氏の進言に瀬戸社長はなかなか首を縦に振らなかった。RIZAPグループはM&Aが「成長と利益の源泉」だったからだ。ここから松本氏と、瀬戸社長やその側近の経営陣とのバトルが火を噴いた。

 10月1日に松本氏は突然、COO職を外れた。代表取締役のまま構造改革担当の専任となった。

<最終的に瀬戸に示された選択肢は三つだった。
これまで通りM&Aを続ける道が一つ。その場合は松本との決別もありうる。二つ目はM&Aの規模の縮小。ただ、この戦略は中途半端で、再建を目指す会社の姿勢は伝わりづらい。三つ目は、「月一件のM&A」というそれまでの方針を百八十度転換する「新規M&Aの凍結」だった。
瀬戸は結局、三つ目の選択肢を受け入れた。傘下企業の在庫損を計上し、赤字に転落することも同時に決断。業績下方修正の幅が固まったのは、11月13日夜だった。
迎えた決算発表。「期待を大きく、大きく、裏切る結果となりました」。檀上の瀬戸は今にも泣き出しそうだった。3カ月前に同じ場所で、M&Aを積極的に進めると力強く語ったのとはまるで別人である>(18年12月13日付朝日新聞「松本ショック(下)」)

ライザップ、“ボロ会社”買い漁る「利益かさ上げ」経営再開か…経営揺るがす事態取り沙汰のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、RIZAPカルビージョンソン・エンド・ジョンソン松本晃の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事