NEW
「元AV女優・森下くるみ×法社会学者・河合幹雄対談」第1回

私の出演したAVは消せるのか?文筆家・森下くるみが語る「契約書もなかった現役時代」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 今、AV業界が激動の時代を迎えていることをご存じだろうか? 2017年10月、AV業界の健全化を目的として「AV人権倫理機構」なる第三者機関が設立された。これは、2016年に被害相談の相次いだ、いわゆる「AV出演強要」が社会問題となったことを発端として、AV業界の主要なプレイヤーの合意のもと、2017年4月に発足した第三者委員会「AV業界改革推進有識者委員会」の後継組織として立ち上げられたものだ。

 ここでいう「AV業界のプレイヤー」とは、メーカー、販売・配信業者、プロダクション、そして女優の4者。これまでAV業界は彼らを中心として、監督官庁すら持たないまま、ある種の自然発生的な秩序のなか、多くの問題をはらみつつなんとか運営されてきた。しかし、AV出演強要問題を契機として、AV業界に向けられる社会の目はかつてないほど厳しさを増した。

 今、業界とは利害関係のない第三者機関の“お墨つき”のもと、社会に受け入れられるような業界運営のルールを策定して健全化を図らなければ、業界の未来はない――。AV業界のそうした強い危機意識を受けて発足したAV人権倫理機構が、各プレイヤーに対して協議やヒアリングなどを通じて直接働きかけつつ、業界の抜本的な制度改革を断行中なのだ。

 そのAV人権倫理機構が改革の一環として生み出した、ひとつの大きな成果といえるのが、「作品販売等停止」という新ルールだ。これは、発売から5年以上経過したAV作品については、出演女優が要請すれば販売・配信を停止できるというもの。従来、作品の販売期間や二次利用について明確かつ妥当な規定のなかったAV業界においては、画期的といえるルールだ。

 2018年2月に運用が開始された「作品販売等停止」の制度を利用し、しかもその事実を自ら公表して話題となった元AV女優がいる。1998年にデビュー、ロリータ系女優として業界トップクラスの人気を誇り、2008年に引退した森下くるみ氏だ。彼女の活躍した1990年代末から2000年代半ばといえば、インターネットの急速な普及によりAVの流通形態がDVD販売・レンタルからネット配信へと一気に転換した時期。引退前後から自伝的小説『すべては「裸になる」から始まって』(2007年、英知出版 ※2008年、講談社より再販)を上梓するなど、10年以上にわたり文筆家、役者としてマルチに活動してきた彼女こそ、まさにそうしたAV業界の激変期を象徴する存在ともいえよう。

 一方、当サイトで「法“痴”国家ニッポン」を連載中の桐蔭横浜大学教授・河合幹雄氏は、学者や弁護士などの有識者で構成されるAV人権倫理機構の4人の理事のひとりとして、まさにこの「作品販売等停止」の制度を設計した人物。法社会学者としての知見を活かし、マンガ表現規制への反対運動などで知られる「ヤマベン」こと山口貴士弁護士らと共に、AV業界改革において中心的な役割を果たしてきた。

 今回実現したのは、その河合氏と森下氏の直接対話だ。“制度を設計・運用する側”と“制度を利用する側”、いわば対極の立場にある両氏の間で、いったいどんな会話が交わされたのか? 全3回の第1回目は、河合氏が制度改革における大きな成果のひとつと位置づける「作品販売等停止制度」の存在を知り、実際に利用したときの森下氏の心の動きなどについてだ。


河合幹雄(かわい・みきお/写真右)
1960年生まれ。桐蔭横浜大学法学部教授(法社会学)。京都大学大学院法学研究科博士課程修了。社会学の理論を柱に、比較法学的な実証研究、理論的考察を行う。著作に、『日本の殺人』(ちくま新書、2009年)や、「治安悪化」が誤りであることを指摘して話題となった『安全神話崩壊のパラドックス』(岩波書店、2004年)などがある。

森下くるみ(もりした・くるみ/写真左)
1980年、秋田県生まれ。文筆家。1998年に18歳でAVデビュー、トップ女優として活躍後、2008年に引退。その後、文筆家として多方面で活躍。著作に『すべては『裸になる』から始まって』(講談社、2008年)、『らふ』(青志社、2010年)、『36 書く女×撮る男』(ポンプラボ、2016年)など。

【第2回『出演強要問題と新制度設計…文筆家・森下くるみが出演AV作品の販売等停止申請をしたワケ』はこちら
【第3回『AVにおけるエンタメ性とは…文筆家・森下くるみと考える「健全化されたあとのAV業界」』はこちら

「まだ私の作品が使われるの?」引退6年後に販売された出演作が停止申請の契機に

河合幹雄 森下さんが、われわれAV人権倫理機構を通じて出演作品の販売・配信停止を申請されたことについては、すでにご自身の「note」上で言及したり、毎日新聞の取材に答えたりされています。この対談を機に、改めてこの制度を知ったきっかけや申請を決めた経緯について、聞かせていただけますか。

森下くるみ はい、前提としてまずお伝えしたいのが、私は自分の過去の活動に対して否定的な気持ちは持っていません。もちろん世の中には、AVに出演したことによって社会活動や私生活に支障をきたし、深刻に悩んでいる方はいますが、私はそうではありません。

 ですから私の場合、最初から作品の販売を止めてもらいたいと思っていたわけではなく、きっかけは2014年、私のデビュー作を収録したDVDつきのムック本が出版されているのを知って、ぼんやりとした疑問を抱いたことでした。

 AV業界では長年、引退した女優の作品の取り扱いについての問題が曖昧な状態のまま放置されてきた。特に現役時代に有名女優だった者の場合、メーカーが出演者の許可を得ずに過去作を再編集してオムニバス作品として販売したり、コンビニに並ぶ成人誌の付録にしたりするなど珍しいことではなかったのだ。いうまでもなくそうした場合、出演者に二次利用料は支払われない。

 森下氏は現役時代のはじめの2年間をソフト・オン・デマンドの、その後の8年間をドグマの専属女優として計56本の作品に出演し、2008年に引退した。ところがその後も「森下くるみ」の作品は幾度となく再編集・商品化され、世に出回り続けた。

森下くるみ それまでにも私の作品はさんざん二次利用されているんですが、コンビニで売っている成人誌の表紙に自分の名前が出ているのを見て、「引退してもう何年も経つのに、まだ私の作品が使われているのか」と驚いて……。正直、憤りもありましたね。

河合幹雄 明らかな二次利用なのに、発売されること自体知らなかったわけですね。

森下くるみ そうなんです。とはいえ、仕事上のしがらみがあるので、こちらからはなかなか言い出せません。これから先も二次利用され続けるに違いないと思っても、具体的にどうすればいいのかわからない。いろいろな人に相談しましたけど、「AVには二次利用に関する規制がないから」と言われて。

 そういう中で2017年10月、AV出演強要問題をきっかけにAV人権倫理機構が立ち上げられて、販売・配信停止の制度が整備されたことを、元ドグマの二村ヒトシ監督から教えていただいたんです。

森下くるみ氏が、作品配信サイトnote上で発表した「AV人権倫理機構へ「作品販売等停止依頼」をしました。」のエントリー

私の出演したAVは消せるのか?文筆家・森下くるみが語る「契約書もなかった現役時代」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、AV人権倫理機構森下くるみ河合幹雄の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!