NEW

0歳児の6%がネット利用…9歳児は8割、2歳児で1日5時間以上利用も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 人口の減少が止まらない。総務省統計局が発表した2018年10月1日現在の日本の総人口は1億2644万3000人(確定値)で、前年同月に比べ26万3000人減少した。8年連続の減少である。このうち日本人人口は1億2421万8000人で43万人の減少。一方、外国人は222万5000人で16万7000人の増加となっている。日本人が減り、外国人が増えるという構図となっているのだ。

 年齢別に見ると、65歳以上の総人口は3557万8000人で42万6000人増えている。その結果、総人口に占める65歳以上の割合は28.1%にまで上昇した。逆に15歳未満の子ども人口は1541万5000人で17万8000人の減少。総人口に占める割合は12.2%に低下した。子ども人口は75歳以上人口の1797万5000人より256万人も少ない。

 生産年齢人口(15歳から64歳)は7545万1000人。51万2000人の減少で総人口に占める割合はついに6割を切り、59.7%となった。人口ピラミッドはますますいびつな形になってしまった。

 20年後、30年後の日本はどうなってしまうのか。小手先の外国人労働者受け入れ策だけでは根本解決にほど遠いのは自明の理である。

青少年のネット利用率は93.2%、低年齢化が進行中

 子ども人口の減少は日本の将来にとって最大の課題だが、その子どもたちは今、どんな環境下で日々を過ごしているのだろうか。

 その一端を浮かび上がらせた調査結果がある。3月に発表された内閣府の「平成30年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」だ。

 この調査は、「青少年調査(対象=満10歳から満17歳の青少年5000人)」「保護者調査(対象=青少年と同居する保護者5000人)」「低年齢層調査(対象=0歳から満9歳の子どもと同居する保護者3000人)」の3つの調査を取りまとめたもの。調査結果から興味深いデータをピックアップしよう。

・青少年のネット利用率は93.2%。小学生85.6%。中学生95.1%。高校生99.0%。
・機器専用率(子ども専用スマホの利用率)は79.9%。小学生35.9%。中学生78.0%。高校生99. 4%。
・利用内容上位。小学生は「ゲーム81.5%」「動画視聴66.1%」「コミュニケーション36.0%」。中学生は「動画視聴80.9%」「ゲーム74.1%」「コミュニケーション68.2%」。高校生は「コミュニケーション89.7%」「動画視聴87.4%」「音楽視聴80.6%」。
・平均利用時間(平日1日当たり)は、小学生118.2分、中学生163.9分、高校生217.2分。
・勉強・学習・知育で利用する時間は、青少年全体の73.6%が「1時間未満」。平均35.7分。

 高校生では、小学生でトップの「ゲーム」が4番目に下がり、友人らとのコミュニケーションツールとしての利用が1位になっている。どの世代でも「動画視聴」は根強い人気だ。

0歳児の6%がネット利用…9歳児は8割、2歳児で1日5時間以上利用ものページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事