NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

「2ちゃんねる」まとめサイトの苦境…なぜ検索上位に表示されなくなったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 自身が運営するサイトに広告を載せ、それを閲覧者がクリックし、商品購入などの成果を達成することで、サイトオーナーに収益が入る仕組みの成果報酬型広告「アフィリエイト」。

「アフィリエイトで月100万円儲かる」など景気のいいことを言うサイトをよく見るが、広告主とアフィリエイターの間に立つASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)として2010年より事業を行う、株式会社もしものアフィリエイト事業部長・佐藤俊幸氏は「そんなに甘い話ではない」と語る。

 最終回の今回は、「2ちゃんねるまとめサイト」はアフィリエイトの対象としておいしいのか? などについてうかがう。

2ちゃんまとめサイトは受難の時代?


――いわゆる「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)まとめサイト」は人が集まりますし、クラウドソーシングのサイトを見ても、まとめ要員の求人が出ていたりします。アフィリエイトの観点から見て、「2ちゃんねるまとめサイト」はいかがですか?

佐藤俊幸氏(以下、佐藤) まず、法律的に問題がないことが大前提ですね。「5ちゃんねる」の場合はサイト運営者側が規定する許諾を取る必要がありますし、「おーぷん2ちゃんねる」であれば許諾なしで利用できます【※1】。ただ、2ちゃんねる系のまとめサイトは以前ほど検索上位に表示されなくなってきているんです。

――なぜでしょうか。

佐藤 やはり、まとめサイトである以上、本家の“焼き増し”になってしまうためです。最近のグーグルはコンテンツの焼き増しに厳しい態度をとっています。検索で上位にならなければ集客はしづらいですよね。もちろん、今も収益を上げている2ちゃんねるまとめサイトはたくさんあるかと思いますが。

――「WELQ」が発端となったキュレーションサイト騒動から2年半、グーグルの対策が結果として表れてきたのですね。

佐藤 もうひとつ、広告主があまり広告を載せたがらないという問題もあります。ネガティブな情報やアダルト情報の多さを嫌がる広告主も多いのです。アフィリエイトでは、サイトオーナーが「この広告を載せたい」とASPに提携申請を行うのですが、2ちゃんねるまとめ系サイトは提携申請時に広告主側から断られるケースが増えてきています。

――「漫画村」騒動では、「こんなサイトに広告を出すのか」と広告を出稿していた会社も批判されましたね。あの場合は広告配信の仕組みでそうなってしまっていた面もありましたが。

佐藤 自社イメージを守るため、広告を出すサイトの内容をしっかり精査する広告主は増えてきています。広告主から「御社の監視体制は大丈夫ですか?」と聞かれることも、以前より増えました。

――広告がアフィリエイターのサイトに貼られた後も、御社では登録サイトの内容を監視されているんですね。

佐藤 もちろんです。日次、週次、月次、3カ月に1回など、さまざまな頻度や切り口で監視を行っています。それをしないと広告主からも信頼されず、ASPとして生きてくことができません。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。

amazon_associate_logo.jpg

『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』

「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第!

amazon_associate_logo.jpg

「2ちゃんねる」まとめサイトの苦境…なぜ検索上位に表示されなくなったのかのページです。ビジネスジャーナルは、連載、2ちゃんねるまとめサイトアフィリエイトインターネット広告検索の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!