NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第7回

『きのう何食べた?』はなぜLGBTを描けたか…芸能マネージャーが語る「差別とドラマ」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

【前回】、史上初の10連休となった今年のGWが連ドラの視聴率にも大きな影響を及ぼしたというお話をしましたが、今回は、その逆風にも負けず高評価を得た人気ドラマについて。話題になったドラマや、ぼくが個人的に気になったドラマなどを、芸能マネ的ウラ話を交えておさらいしていきたいと思います。

 今クールで話題になったといえばドラマといえば、まずはやっぱり西島秀俊さん&内野聖陽さんがゲイカップルを演じた『きのう何食べた?』(テレビ東京系)ですよね。原作は、『大奥』などでも知られるよしながふみさんによる2007年連載開始のマンガ作品で、この5月に講談社漫画賞も受賞した人気作品。ドラマ化するにあたっては、各局による相当な放映権の争奪戦があったみたいですよ。

 ぼくもずっと昔から原作マンガを読んでいるんですが、原作ファンから見ても、今回のキャスティングは本当に素晴らしかった〜!  西島秀俊さん、内野聖陽さんという主演のおふたりは言わずもがな、ジルベール(航)役=磯村勇斗くんというキャスティングがもう最高! ジルベールって原作でも人気の高いキャラだから、誰が演るのかみんな注目していたと思うんですけど、磯村くんがジルベールに扮しているビジュアルを見た瞬間、「あっ! ジルベールじゃん!」って納得させられちゃった(笑)。生意気でちょっとだらしない感じで……という雰囲気をよくつかんでますよね。西島さん、内野さん、山本耕史さん(小日向役)という錚々たるベテラン俳優たちとの共演シーンでも堂々とした演技で、感心しました。

 第8話に登場した熟年ゲイカップルを演じていた菅原大吉さん&正名僕蔵さんも、見事なキャスティングですよね。やっぱりゲイという役だから、キャスティングが難しいし、俳優のほうもオファーがきたら悩むと思うんですよ。ちゃんと演じられるかどうか。やっぱりセンシティブな役どころだし、昨今、LGBT問題絡みではメディアがバッシングされることもありますし……。この方々をキャスティングした制作陣も素晴らしいし、それを受けて見事な演技を見せてくれた役者さんたちも本当に素晴らしい。

 原作のお話がもともとすごくよくできているので、それを忠実に再現した安達奈緒子さんの脚本もさすがです。品とセンスが感じられる画のトーンも心地よく、脚本・役者・演出が最高にうまくハマった、いいドラマでした。

テレビ東京系『きのう何食べた?』の公式サイトより

地上波ドラマでも性的マイノリティ問題が許容される時代性

 ちなみに、このクールは『きのう何食べた?』をはじめ、『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系、主演・古田新太)、『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK総合、主演・金子大地)と、LGBTを扱ったドラマが多かったですね。ちょうど1年前の2018年4月クールで大ヒットとなった田中圭主演の『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の二匹目のドジョウを狙っている……なんて言っている人も多いけど、それとはまったく関係なく、ずっと前から企画していたドラマみたいですよ。『腐女子、うっかり〜』を企画したNHKのプロデューサーは、記者会見で「最後にこれだけ言いたい」と前置きして、“真剣にこういうテーマに取り組みたいと思って、脚本の三浦直之さんと作ったドラマ。「『おっさんずラブ』がヒットしたから」みたいなことは書かないでください”という趣旨のことを語っていたらしい(笑)。

『きのう何食べた?』も、原作のよしながふみさんが「この映像化の企画を何年も前から持ち込んで下さった(以下略)」(講談社漫画賞受賞時のコメント)とお話しされていたように、当然ずっと前から進んでた企画のようですね。でも、大きな文脈で見れば、今の時代の流れが、LGBTの方々など性的マイノリティに対してもきちんと許容していく空気になってきているってことが、最近こういうドラマが多く世に出てきていることの要因なのでしょうね。

 本質的な部分でいえば、本来マイノリティを描くということは、葛藤が多い=ドラマになりやすい、ということでもあります。実際海外ドラマではずっと、人種差別をテーマにした作品なんか非常に多いですよね。しかし日本では、ドラマで差別やLGBTなどをテーマに扱うって、どうしても描きにくい空気がある。性的マイノリティ問題に限らず、在日朝鮮人問題、被差別部落問題、沖縄問題、アイヌ問題……等々を、広告で成り立っている地上波テレビで、人気商売の若手役者さんを使ってプライムタイムでドラマ放送するって……やっぱりハードルは非常に高いというのが現実でしょう。

 例えば、2018年に吉岡里帆ちゃん主演で放送された『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)は、生活保護・貧困を扱ったドラマでしたが、「ドラマの内容に深みがない」と批判の声も多かった。でも、地上波ドラマでは、あれくらいがきっと限界だったんだろうな、あれ以上の描写は無理だったんだろうな……と思います。

 それが、『おっさんずラブ』の大ヒットをきっかけに、少なくとも性的マイノリティの問題に関しては、いい意味でみんなオープンになってきたというか、テレビの映像表現でテーマ化しても問題ないだろう、という空気にはなってきたような気がします。

『きのう何食べた?』はなぜLGBTを描けたか…芸能マネージャーが語る「差別とドラマ」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事