NEW

スシロー、超ハイテクな店舗の全貌…「回転すし総合管理システム」で顧客満足度を極大化

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スシロー、超ハイテクな店舗の全貌…「回転すし総合管理システム」で顧客満足度を極大化の画像1
スシローの店舗(「Wikipedia」より)

 最近、回転ずしチェーン「スシロー」の話題が絶えない。運営会社のスシローグローバルホールディングス(HD)の業績は好調で、業界では独走状態が続いているが、そういった状態に甘んじることなく、斬新な施策を次々と打ち出している。貪欲にさらなる成長を目指す考えだ。その一挙手一投足に関心が集まっている。

 6月26日に改装オープンした新型店「スシロー伊丹荒牧店」(兵庫県伊丹市)は、大きな話題を集めた。会計や持ち帰り商品の受け渡しを自動化するシステムを試験導入し、圧倒的な省力化を実現した。利用客の利便性を高めるとともに、従業員の負担軽減を図る考えだ。

 まず、入店した客を「自動受け付け・案内システム」で席まで無人で案内する。また、画像認識を用いた会計システムも導入しており、テーブルの両端に設置したカメラで客がレーンから取った皿ごとの価格と数を自動で計測する。会計の待ち時間を短くするほか、数え間違いのトラブルを減らす狙いだ。

 客が専用のウェブサイトで事前注文した商品を店舗で受け取れるロッカーも設けた。注文時に発行されるQRコードをロッカーにかざすと扉が開き、待ち時間なく商品を持ち帰ることができる。

 セルフレジも導入した。QRコードをレジに備え付けられた端末にかざし、店員を介さずに客自らが会計する。

 これら一連のシステムで、入店してから退店するまでの間に生じる利用客のあらゆる待ち時間を大幅に減らすことができる。利用客のストレスは大幅に軽減されそうだ。

 従業員の負担軽減につながるシステムも導入した。

 厨房内に「キッチン内オートウェイター」を導入。従来は、つくった商品を注文客に直結したレーンまで厨房内を移動して商品を流す必要があったため、無駄な時間が生じていた。新たに導入したシステムでは、厨房内にレーンを張り巡らし、つくった商品を目の前にあるレーンに流せば、注文客のところまで一気に運ぶ。厨房内を歩き回る必要がないのだ。

 こうしたシステムを導入することで、利用客の利便性を高めるほか、省力化を図って捻出した時間をすしの味に直結する調理作業に充てるようにする。顧客満足度の向上と従業員の負担軽減の両立を狙う。

スシロー、超ハイテクな店舗の全貌…「回転すし総合管理システム」で顧客満足度を極大化のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事