NEW

吉本興業・岡本社長、謝罪会見でやってはいけない行為…原稿読み上げ、「えっと~」連発

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉本興業・岡本社長、謝罪会見でやってはいけない行為…原稿読み上げ、「えっと~」連発の画像1
記者会見を行う吉本興業の岡本昭彦社長(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 闇営業問題と反社会的勢力とのつながりが報じられた雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮が7月20日に記者会見を開き、それを受けて、ダウンタウン・松本人志、極楽とんぼ・加藤浩次といった「吉本の兄さんたち」が吉本興業の体制を批判。7月22日には岡本昭彦社長が会見を開き、一連の騒動について謝罪、2人への処分撤回などを発表するに至った。

 当記事では、スーツ着こなし指南本『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。』(CCCメディアハウス)の著者という立場から、この2つの謝罪会見を読み解いていきたい。

岡本社長が連発した「えっと~」に要注意

 宮迫と亮の会見も、それを受けたかたちの岡本社長の会見も、おおむね服装に目立つ問題はなかった。そして、どちらの会見も椅子での着席スタイルであり、これもいい選択だ。

 過去にもさまざまな謝罪会見に触れてきたが、立ったままで体がふらふらと揺れているケースもあり、ユーチューバーの謝罪動画では普段の配信スタイルを適用してしまい「スーツ姿で絨毯の上にちょこんと正座している」というケースすらあった。謝罪時に余計なノイズは不要であり、長机を用意し、椅子に着席するスタイルが無難だろう。

 次に身のこなしの所作を見てみると、やはり舞台でもまれた宮迫と亮はうまい。しっかり前を見据えるなど、簡単そうに見えて一般人がいきなりやろうとしても難しいことが自然にできていた。2人にとっては皮肉だろうが、その落ち着いた様子に吉本の伝統の力を感じてしまったほどだ。

 プロの芸人と比較するのは分が悪いが、岡本社長はどうだったか。冒頭はずっと目を伏せ気味で原稿を読んでいたが、この「読む」は謝罪会見ではやってはいけない。読むくらいなら、報道各社にファックスで送ったほうがいいだろう。ただし、個別応答になると岡本社長も顔を上げていた。

 また、岡本社長は「えっと~」が口癖のようで、会見でもちょくちょく出ていた。謝罪会見に限らずプレゼンなどでもそうだが、特に言葉を発するときの癖は、本人はまったく気にならないが周りは気になってしまうものだ。

 岡本社長に限らず、「えっと~」や「え~」が出てしまう人はとても多いので気をつけたい。また、「要するに」と言いながら、その後がまったく要点になっていないビジネスパーソンを一度は見たことがあるだろう。

 さらに、岡本社長は会見上で、吉本の所属タレントに対し「引退はさせないよ」「また報告するね」という言い方で伝えていたと説明したが、実際はこういう口調ではなかったはずだ。本来の関西弁ではキツく聞こえてしまうため、全国に放送されることを考慮して標準語に変換したのだと推測するが、なぜか関西の人が語尾を標準語に変えようとすると、「よ」や「ね」を必要以上につけてしまい、気取っていたり子どもに話すような口調になったりしてしまうことがある。しかし、これも失点というほどではないだろう(無理せず関西弁で話したほうがよかったと思うが)。

 なお、岡本社長の会見では、前提となる進捗状況は弁護士に説明させたり、時系列を説明する資料は事前に配布したり、質疑応答にはほかの役員も同席させたりしており、これらの対応は良かったと思う。

『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg

吉本興業・岡本社長、謝罪会見でやってはいけない行為…原稿読み上げ、「えっと~」連発のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事