NEW

画期的に使いやすいChrome OS、急速に拡大…Windowsのデメリット解消

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Chromebooks HP」より

 コンピューターの動作を司るOS(オペレーティング・システム)。OSといえばWindowsやMac OSがお馴染みだが、近年、グーグルが開発したChrome OSが注目を集めている。ASUSやデルなどといった名のあるメーカーも、このOSを搭載したデスクトップパソコン・Chromeboxや、ノートパソコン・Chromebookの販売に乗り出しており、OSの世界市場において4位にランクインするなど、徐々にシェアを拡大しているという。

 また、自動的に更新プログラムをアップグレードしてくれるという安全性の高さや、比較的安価に端末が販売されているという状況から、いくつかの有名企業もChrome OSを業務に使用し始めている。

 とはいえ、85%超のシェアを誇っている1位のWindowsに対して、Chrome OSのシェアは約0.3%と、その存在感はまだ小さい。

 ではこの先、Chrome OSは普及してWindowsの牙城を揺るがす存在となり得るのだろうか。実際にChrome OSを利用しているというジャーナリスト・佐藤信彦氏に話を聞いた。

ウェブブラウザ上で作業を行うのが特徴

 まず、Chrome OSは他のOSとどう違うのか。

「他のOSを搭載したPCで何か作業をする場合には、例えばワードやエクセルといったアプリケーションが必要になり、それらをインストールして利用することになります。ですがChrome OSは、グーグルが提供しているChromeというウェブブラウザ上で、ほぼすべての作業を行う設計になっており、そこが大きな違いとなっています。

 PCの使い方として、アプリケーションをインストールするというのが一般的になっているので、Chromeというウェブブラウザしか動かないOSを搭載したPCが、使い物になるのかと疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。ただ、現状では大抵の作業がウェブブラウザのなかで完結していますよね。メールの読み書きや文章作成、表計算、プレゼンのスライド作成や、プロジェクト管理に使うツールでさえも、ウェブブラウザ上で動かせるものが増えています。ですから、システム開発や高度なビデオ編集といった特殊な作業をする場合以外であれば、企業でも一般家庭でも、問題なく利用できるOSだといっていいでしょう」(佐藤氏)

画期的に使いやすいChrome OS、急速に拡大…Windowsのデメリット解消のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事