NEW
野村直之「AIなんか怖くない!」

「AIは自ら学習し考える」という大いなる誤解…AIへの不安解消!エッセンスを解説

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

ご挨拶

 ここ「Business Journal」で月1回程度、ビジネスパーソンのために、AI(Artificial Intelligence:人工知能)まわりの話題、論点を解説させていただくことになりました。メタデータ株式会社野村直之と申します。ビジネス全般に通じ、さまざまな学問・芸術分野に興味をもつAI技術者として、AIを過大評価も過小評価もせず、道具としてのAIの正しい姿をわかりやすくお伝えしたいと思います。そして、近未来の仕事のあるべき姿を描きたいと思います。そして、AIを活用して人々が幸福になるためには、どう働き方を変え、学び方を変えていくべきかを考え、AI時代に人間が取り組むべきことについて書いてまいります。

取り上げるテーマ、参考リンク、書籍

 すでに拙著『人工知能が変える仕事の未来』(日本経済新聞出版社)、『実践フェーズに突入 最強のAI活用術』(日経BP)、『AIに勝つ!』(日本経済新聞出版社)に、AIやAI活用の本質、AI時代に活躍する人間の資質について詳述しています。ここでは、最新動向を押さえつつ速報的に補筆したものを整理したり、重要なポイントを、新しい角度から眺め、平易にとらえ直したりできればと思います。AIの中身、中核部分の話から、AI活用ロボットIoT5G等の周辺テクノロジー、AI時代に新しく誕生する仕事働き方改革(人間の)学習教育音楽美術お笑い仮面ライダーの話まで硬軟取り混ぜてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

今日(こんにち)のAIの中核部分を理解

「敵を知り己を知れば百戦危うからずや」。『AIに勝つ!』のプロローグ 「いよいよ始まり! A I を便利に使って、楽しく働く」のまとめで、こう書きました。

<…(描きたいのは))AIの本質を踏まえ、AIにできない事柄、領域について人間が能力を伸ばすための処方箋です。それが人間らしく、のびのびと幸福に、日々手ごたえを感じてこなせる内容であれば、AI時代にこそ人間は幸福になれることになります。

 いくつかの選択肢の中からそのような処方箋を描くことが、AI応用に携わる者の義務ではないかとさえ考えます。インサイダーとしてAIの最前線が見えているからこそ、AIがモデルとする人間の凄さに圧倒され、感動すら覚えることがあります。自然科学より先回りして人間の本質を探究する文学、心理学、社会学などの人文・社会科学にも深い敬愛の念を抱きます。…中略…

 本業を通じてそれらに貢献するだけでなく、記事や書籍、他のメディアを通じてAIの実態や見通し、人間の役割を世に問う必要を感じます。少し乱暴にまとめると、やはり

「敵を知り、己を知れば百戦危うからずや」(孫子)

となりましょうか。AIは決して敵ではなく、道具です。道具を知り抜いた人が人生に勝利、もとい、満足度、幸福度の高い人生を送れるということは納得できるのではないでしょうか>

「AIは自ら学習し考える」という大いなる誤解…AIへの不安解消!エッセンスを解説のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事