NEW
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

急成長遂げるある英語学校が注目…格段に安い価格で「高品質なレッスン」を受けられる

文=大﨑孝徳/デ・ラ・サール大学Professorial lecturer
【この記事のキーワード】

, , ,

急成長遂げるある英語学校が注目…格段に安い価格で「高品質なレッスン」を受けられるの画像1
「StepForward 公式サイト」より

フィリピンで英語を学ぶ!」と聞いて、みなさんはどのように思われるだろうか。フィリピンといえば、昔なら悪いことをした人が逃げていく国といったイメージがあったかもしれない。しかし、今やセブやパラワンやボラカイなどを中心に、綺麗な海やビーチが広がる人気のリゾート地として世界中から注目されている。

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』(大﨑孝徳/日本実業出版社)
『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』(大﨑孝徳/日本実業出版社)

 特に日本からは飛行機で4時間程度、LCC(格安航空会社)を利用すれば時期によっては往復1万円程度という低価格も手伝い、人気の観光地に変貌しつつある。さらに、フィリピン語に加え、英語も公用語として広く普及しており、韓国において人気の語学留学先となったことを機に、日本からの留学生も増えてきている。

 また近年、フィリピンは日本企業にとっても人気の進出先となっている。その理由として、経済の状況が良く、人件費が安い、人口も増加しているといったことに加え、国民の英語力、ホスピタリティ精神の高さがしばしば挙げられる。進出後の撤退率は極めて低く、成功確率の高い国としても有名である。

フィリピンの英語学校:StepForward(ステップフォワード)

 筆者は先日、フィリピンにおけるメトロマニラ(マニラ首都圏)のBGC(ボニファシオ・グローバルシティ)に所在する日本資本の英語学校である「StepForward:ステップフォワード」を訪ねる機会があり、創業経営者である嶋村卓亮氏に話を伺った。

 ステップフォワードは筑波大学で教育を学んだ同級生2人によって2018年に設立された。嶋村氏は大学卒業後、文部科学省もしくはベネッセコーポレーションに就職するかで悩んだというほど、もともと教育に対して強い思いをもっていた。その後、ベネッセに入社し、英語教材やオンライン英語サービスの新規開発に携わった。

 しかし、効率よく高得点を獲得できるといった教育よりも、自らが高い関心を持って主体的に学べる場をつくり上げたいという思いが高まる。そうした頃、オンラインによるフィリピン人講師の講義を楽しそうに受講している高校生の姿を見て、フィリピンにおける英語学校の設立を決意する。単なる高得点を目的とした英語教育ではなく、海外への留学、外国人講師との触れあいなどにより、学生の多面的視野、主体性、自己肯定感などを高めていくことが重要であると考えたわけである。このような思いは、ステップフォワードという社名や企業理念に反映されている。

 ステップフォワードは、こうした嶋村氏の思いと、共同経営者である松原祥太郎氏が強い関心を抱いていた“教育・スポーツ事業”を具現化するために設立されている。

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』 プレミアム商品やサービスを誰よりも知り尽くす気鋭のマーケティング研究者が、「マーケティング=高く売ること」という持論に基づき、高く売るための原理原則としてのマーケティングの基礎理論、その応用法、さらにはその裏を行く方法論を明快に整理して、かつ豊富な事例を交えて解説します。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事