ユニクロ柳井氏「日本人は全部ヒステリー」発言、韓国内で異常に話題になっている理由の画像1
ユニクロ・柳井正会長(写真:ロイター/アフロ)

 韓国でたびたび不買運動にさらされてきた、ユニクロ。だが11月には韓国ユニクロの15周年記念で、ヒートテック10万着を買い物客に無料でプレゼントするイベントを行い、開店前から行列ができる盛況となった。

 こうした現象をどう見るか。元在韓国大使館一等書記官で大東文化大学教授の高安雄一氏は語る。

「ユニクロは衣服を扱っているので、外から見えますから『おまえ、なんでユニクロ着てるんだ』ということになって、不買運動の標的になりやすいということがあります。今回、ユニクロに行列ができたということに対しても、ネットでも批判が出ています。だけども、たとえば床暖房やガスコンロを売っているリンナイは、家で使うもので外から見えないので不買運動の標的にはなりにくいですね。日本から進出している部品工場なども、韓国の元請けが不買をするかといったら、そんなことをしたら自分の首を締めるだけなのでしません。

 衣服というのは、見えるので標的になりやすい。ゴルフウェアを扱っているオンワード樫山は、業績悪化で10月に韓国からの撤退を決めました。ゴルフウェアと比べたら、ヒートテックは韓国に浸透しています。韓国は日本と比べたら、もの凄く寒いですから。ゴルフウェアなら日本製以外を買えばいいということになりますけど、ヒートテックという安価で性能のいいものはユニクロ以外にないので、不買運動もある種、我慢比べのようになりますね」

韓国の世論、反日から反安倍に

 ユニクロといえば、創業者の柳井正会長(70)のインタビューが10月9日に「日経ビジネス」に掲載され、韓国で話題になった。取り上げた中央日報の見出しは『ユニクロ会長「日本は最悪、韓国が反日なのは分かる」…安倍政権に苦言』。

 インタビューの内容は「(日本は)ひょっとしたら、発展途上国になるんじゃないかと僕は思うんですよ」として、日本の社会全体を俎上に上げたものだが、安倍政権の経済政策を失敗と見なし、「(憲法改正よりも)日米地位協定の改正の方が、将来よほど必要ではないでしょうか」と対米従属を問題にするなど、かなり踏み込んだ内容だ。

 韓国への言及は全体から見れば僅かなもの。「韓国にみんながけんか腰なのも異常ですよね。韓国の人が反日なのは分かりますよ。でも日本人は本来、冷静だったものが全部ヒステリー現象に変わっている。これではやっぱり日本人も劣化したと思います」と語っている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ