NEW
企業・業界

バイトマッチングアプリ、店とバイト双方に多大なメリット…「お試し体験」でミスマッチ削減

文=田上顕子/ファイナンシャルアライアンス株式会社
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】バイトマッチングアプリ、店とバイト双方に多大なメリット…「お試し体験」でミスマッチ削減の画像1
寿司店で体験バイトをする筆者

 深刻化する少子高齢化の影響で、人手不足に陥りつつある飲食業界にとって大きなチャンスになるかもしれません。体験型採用アプリ「Baitry(バイトリー)」が今年3月から本格運用を開始するのです。

 バイトリーを運営するのは東京のIT企業スポットメイト。昨年10月、株式会社 USEN-NEXT HOLDINGSと資本提携しました。USEN-NEXT GROUPの顧客75万のネットワークを生かして、年明け早々、求人業界に本格参入しました。このバイトリー最大の売りは1日数時間単位でアルバイトを「お試しで体験」できること。

 お試し体験で、職場の雰囲気や人間関係、仕事内容を知ることができるので、「自分には合わないかも……」と感じた時はスパッと辞めることができるのです。アプリには、求職者の趣味や嗜好、性格を事前登録することができるので店側にとっても店のスタイルにあった人を雇うことができるというメリットがあります。人材の流動性を加速化することで、ミスマッチを防ぎ、長期雇用につなげることをめざすという話です。

 私のように本業があっても、副業がオーケーな人ならいろんな業界を体験できますよね。こんな面白そうなサービス、試してみるしかありません。早速、アプリを使ってマッチングしたのは、

 なんと「お寿司屋さん」でした。

隠れ家的寿司店で職人見習いに

 筆者は普段、完全に自分で働く時間や会う人を設定できるので、「時給単価20万円以上の仕事をしているか?」と考えて行動しています。

 その一方で、6年前まではフリーターだったので飲食店でバイトをしていました。当時、実は本業は儲かってる会社の社長であるにもかかわらず、「自分の力試しのために半年だけバイトをしている」と言ってる人がいました。その人の影響もあり、飲食店のバイトでも時給20万の価値提供ができる自分なのかを試したいなぁとも思っていたのです。

 実際にやるとなったら、毎日3食寿司でもいいくらい寿司が好きなので即決しました。

 アルバイトにマッチングしたのは東京都目黒区にある寿司店「おにかい」でした。目黒銀座商店街の路地にある看板もないまさに隠れ家的なお店です。上司は職人の望月将さんと坂本和樹さんのお二人でした。早速、憧れの寿司職人の白衣に腕を通してアルバイト開始です。まずは、お通しや突き出しを小鉢に分ける作業から開始。午後5時に団体客のご予約があるということなので、テキパキと作業をすることが求められます。

関連記事