NEW
連載
野村直之「AIなんか怖くない!」

怖いのはAIではなく人間であることの証明…雑用レベル業務でもAIには駆逐されない

文=野村直之/AI開発・研究者、メタデータ株式会社社長、東京大学大学院医学系研究科研究員
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 前々回前回の記事をお読みになった多くの方は、すでに「AI人工知能)なんて怖くない!」と思われたことと思います。「なるほどー、自意識も意思も責任感も持たず、原則人間の敷いたレール、お手本に従った、トレーニングを施され、入出力の対応関係をキャプチャーするだけなのだな」と。

 ただし、従来人間が数式や法則を理解してプログラミングしていたのと違って、人間が把握不能な膨大なパラメータをそのまま扱えるため、人類史上初めて「暗黙知」と呼ばれるタイプの説明不能な知識をキャプチャーできるようになった事実は重要です。多数のまとまった業務について、そのベスト・プラクティス、すなわち、優秀な人間の仕事のインプットとアウトプットをAIにキャプチャーさせる。そうすると、大多数の普通の人はAIにかなわなくなる、という考え方にも説得力があります。この意味でAIが怖いというのはわからなくはない。

 でも、正解が毎回違うタイプの仕事や前例のない事態で機転を利かせたり、論理的思考で切り抜けたりしなければならない仕事もたくさんあります。これらは、人間にしかできません。いわゆる雑用といわれる業務をそこそこ適切にいろいろこなせるだけでも、AIに駆逐されることはないのです。

 意識さえもたないAIが、自ら殺意や敵意をもつ「怖い」存在になることもありません。この意味でも、AIなんて怖くない! では怖いのは何でしょう? 答えは、「人間」です。

最もたくさんヒトを殺す動物は?

1年で最もたくさんの人間を殺す動物は?」というクイズがあります。ビル&メリンダ・ゲイツ財団がまとめた驚きの結果には、72.5万人を殺す「蚊」を除けば、人間が突出して多い47.5万人(この数字からは戦争などの武力行為は除かれています!)。蛇の5万人、ワニの1000人、そして恐怖の象徴みたいなライオンが100人、サメにいたってはたったの10人です。びっくりですね! 我々の感覚、印象がいかに誤っているかを見せつけられた気がします。直感、印象に従っていると、大きな間違いを犯し、無駄な対策にコストをかけてしまうのでは、と心配になります。数字や論理で補正しないといけませんね。

AI兵器、兵士を開発する動機

 AIが、人間による人間の殺戮を助長するという説があります。AI関連の学会には倫理委員会があり、AI兵器開発の全面禁止を呼び掛けたりしています。この点、徴兵制のある国とない国では少し事情が違います。自分の愛する息子や娘が徴兵されたら、若い彼らは前線へ送られ、意に反して戦場で死んだり敵を殺したりしなければならなくなり得ます。それくらいなら、自国でAIロボットを開発して、息子や娘の身代わりにさせてほしい。そう思う親の気持ちは痛いほどわかります。ですので、徴兵制の国で、ロボット兵器の開発に熱心なのは理解できます。

関連記事