【完了】日本郵便、宅配ロボットの完成を急ぐ理由…かんぽ不正で下落した収益補填が狙いかの画像1
置き配の実証実験をする「Amoeba GO-1」

 帰宅して郵便受けを見てみると、中には不在連絡票。ちょっとした罪悪感。自ら配達時間を指定していた場合であれば、なおさらだ。

 現在、物流における都市部の再配達率は16.6%にも及び、試算によると9万人の配達員に相当する労力が無駄になっている。この物流業界の“ラストワンマイル問題”は物流各社を悩ませている。

 再配達を削減するために各社さまざまなアイディアを出してはいるが、オートロック付きマンションに対応できなかったり、宅配ボックスがあったとしても満杯だと配達を完了できないといった問題が大きく立ちはだかる。この問題を将来的に解決すべく、ソフトロボットと計算システムの開発を行うアメーバエナジーは日本郵便と提携し、1月30日に自立走行型ソフトロボット「Amoeba GO-1」(アメーバゴーワン)による集合住宅への無人複数置き配の実証実験を実施した。

世界初、階段昇降ができるソフトロボットによる置き配実験

 ソフトロボットとは、従来のロボットのように金属などの硬い素材を使わず、柔らかい素材でしなやかな動きや安全性などを実現する、近年注目のロボット工学。今回の実験に用いられたアメーバゴーワンは、集合住宅のエントランスで配達員から荷物を受け取ると(オートロックを内側から自身で開錠)、階段を上って個別の玄関前に荷物を置くことを可能にした。自律動作で階段を昇降できるソフトロボットは世界初という。

 実証実験は県立高校の跡地、神奈川県プレ実証フィールドで行われた。昇降口をエントランス、下駄箱の段差や校舎の階段を集合住宅の障害物に見立てての実験。多くのメディアが注目するなか、配達員から荷物を受け取ると、時速1kmで走行してゆっくり階段を上り、荷物を配達先と想定した教室の扉前まで置くことに成功した。

 走行を制御するセルベルトによって狭い範囲での旋回やいろいろな形の階段に対応し(段差18cm、傾斜35度まで昇降可能)、人と接触しても危険性が少ない設計になっている。まだ試行段階ということで、移動は若干危なっかしくもあり、システム上の問題でドアに沿った位置に荷物を置くのが難しいなどの課題はあるものの、動き自体は非常にスムーズ。将来の物流シーンに希望を投げかける実験結果になったといっていいだろう。

関連記事