NEW
連載
垣田達哉「もうダマされない」

新型コロナ、スポーツジムで感染…スポーツ観戦・コンサート・給食は極めて危険の可能性

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

新型ウイルス肺炎が世界に拡大 武漢市の病院(写真:Featurechina/アフロ)

 国は新型コロナウイルスの感染リスクを減らすために「満員電車を避け、テレワークや時差通勤をしろ」と勧める。感染症の専門家も、テレビなどで「ラッシュアワーは危険」と言う。一方で、各種イベントについては、集団感染がある地域では自粛を検討することを求めているものの、一律自粛することは要請せず、つまり「主催者の判断」に任せていた。その後、26日になってようやく政府は、今後2週間はイベントの中止や延期などを要請する方針を表明した。

 そもそも、満員電車よりサッカー、野球、大相撲などのスポーツ観戦やコンサート、パーティーのほうが感染の確率は高いのではないだろうか。新型コロナウイルスは、飛沫感染が多いという。満員電車の中では、ほとんど会話をしないし、咳き込む人も非常に少ない。つり革や手すりによる接触感染があれば、感染者は飛躍的に増えているだろう。

 一方、スポーツ観戦では、応援歌などを歌うことを中止しても、試合中は声を張り上げて応援する。その飛沫は凄まじいものがあるだろう。しかも「観戦しながら、しゃべる、食べる、飲む」を繰り返す。後ろから大声で叫べば、高いところから低いところに大量の唾を飛ばすことになる。多数の観客が、密着あるいは1m範囲内の距離で、前後左右、唾を大量に吐き出しているのだ。

 サッカーや野球での得点場面や、大相撲で応援している力士が勝った時などは、隣や周りの人と喜び、雄叫びを上げながらハイタッチすることもある。コンサートでは、皆で一緒に大声を上げて合唱する。数千人、数万人の観客のなかに感染者がいれば、まさにパンデミック(爆発的な感染)が起きるだろう。満員電車を避けるためにテレワークをするなら、スポーツ観戦こそテレビ中継で見るべきだろう。

 筆者は、2月8日付のこの欄で「クルーズ船の感染はブッフェの可能性がある」と指摘したが、感染しやすい場所の一つが「食事」だという気がしてならない。クルーズ船に入った厚生労働省の職員や検疫官に感染者が続々と増えているが、その震源地は食堂ではないだろうか。テレビで実際に乗船した医療関係者が匿名での取材に「食事は皆で一緒にした」と答えていた。そこで、おしゃべりもしたという。

 食事を共にし、おしゃべりをすることは、飛沫感染の可能性が非常に高いはずだ。そういう意味では、パーティーや宴会も要注意のイベントだ。政治家の資金集めパーティーも立食形式が多く、至近距離で会話をすることが多い。感染リスクは高いはずだ。

関連記事