【完了】長谷川総務副大臣が不倫デート、地元・北海道コロナ拡大中に…鈴木宗男との因縁の争い の画像1
長谷川岳総務副大臣のホームページ

「くそ!!やられたぞ!」

 自民党北海道支部連合会のある道議は3月20日号の「フライデー」(講談社/3月20日号)を一読すると、そう怒りをにじませた。フライデーには『地元北海道で新型コロナウイルス感染者が増え続ける中…総務副大臣長谷川岳(49)が美人OLと「濃厚接触不倫」』と題する記事が掲載されていた。怒りの理由は、自民党北海道連会長代行の長谷川氏の不倫をスッパ抜いた講談社に対してではなく、参議院議員(北海道比例・日本維新の会)で地域政党新党大地代表の鈴木宗男氏に向けられたものだった。なぜ、長谷川氏の不倫が鈴木宗男氏に結びつくのだろうか。新型コロナウイルスで道民が大混乱し、学校が一斉臨時休校になっても、政争は休戦にはならないようだ。

北海道コロナウイルス騒動の中、OLと“密会”

 フライデーは、長谷川氏が趣味のランニングを通じて知り合った不動産会社勤務の女性の存在を明らかにしたうえで、2月中旬から長谷川氏のマンション前で張り込みをしていたようだ。そのうえで、長谷川氏が女性と連日連夜の食事を共にし、同女性が長谷川氏の住むマンションで密会をしているという疑惑を報じた。長谷川氏はフライデーの直撃取材に女性の存在を「信頼しているパートナー」と弁解している。

 ここまではよくある政治家の醜聞にすぎないのだが、ポイントは記事の文末にあった。以下、引用する。

「同じ、北海道を地盤とする参議院議員・鈴木宗男氏が断ずる。『鈴木直道知事をはじめ、地元の政治家は与野党を問わず、それこそ昼夜の別なく必至に感染拡大への対応を協議している。そんな非常事態にプライベートの時間を優先、ましてや不倫など、政治家と呼べない。いますぐ議員バッジを外すべきです』」

 宗男氏のコメントに自民党関係者は次のように警戒心をあらわにする。

「長谷川氏の改選は2022年の予定です。“今すぐバッジを外す”かどうかは、ご本人の責任の取り方です。ただ、報道が道民に与えた印象は最悪です。次回は厳しい戦いを強いられるでしょう。つまり、盤石と見られていた北海道の自民1議席がぐらついている。では、これによって生じる1議席を、どこの誰が一番獲得したいと考えているのかということです。

 宗男先生は受けた仇は、絶対に忘れない人です。普段はにこやかにしていますが、激しい方です。そして絶対に報復なされます。だからこそ、今も昔も多くの議員に恐れられているのです」

関連記事