NEW
小谷寿美子「薬に殺されないために」

なぜ「ステロイド皮膚薬=危険」という誤認識が広まった?塗り薬、量をケチると逆効果

文=小谷寿美子/薬剤師
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

「これ、ステロイドが入っていますか?」

 薬剤師として薬局で勤務していると、患者さんから、このような質問をよく受けます。薬剤師としては、ステロイドが入っているかどうかをただ答えるだけでは不十分です。このような質問をする人は「ステロイド=危険」という思い込みを持っているため、入っているなら使いたくないと考えています。

 では、なぜ「ステロイド=危険」と思ってしまうのでしょうか。ことの発端は1970年代まで遡ります。

内服薬と塗り薬を混同

 あるニュース番組の特集でステロイドについて取り上げられていました。重度のアトピー患者さんの痛々しい映像とともに、ステロイドを塗っても治らないのは薬の副作用という証言が流されました。あの痛々しい訴えは私たち薬剤師にとって大変ショッキングなもので、一時的には患部がきれいになっても長いこと服用していると副作用で症状が悪化するという印象を一般の人々が受けるのは当然のことです。

 しかし、医療においては、一部の患者さんの証言だけで「薬の副作用」と決めることはなく、この段階では「悪い症状が起こる人がいる」と記録します。数が少ない場合はただの「個人的感想」なので、統計的な傾向はつかめないのです。ある程度大きな人数になって初めて、「副作用」だと認められます。

 実はニュース番組の特集には誤解があり、内服薬と塗り薬を混同してしまっていました。ステロイド薬とは、ステロイドホルモンである「コルチゾール」が持つ炎症を抑える効果を強めて、他の作用を弱めたものをいいます。薬としては炎症を抑える効果が必要なので、それ以外のコルチゾールが持つ効果は不要ですが、完全になくすことはできないので、薬として体内に入ると他の作用、つまり副作用が出るのです。

 これは内服薬のステロイド薬で起こることであり、塗り薬ではほとんど起きません。極めて強いステロイド薬を使う場合のみ、皮膚からの吸収を考えればいいというレベルです。

塗っても治らないのはなぜ?

 皮膚の塗り薬を「塗る」というのは、案外面倒な作業です。まず、軟膏は伸びが悪いですが、皮膚への貯留性を高める効果と皮膚を保護する効果を維持するため、わざと伸びが悪くなっています。大人は体の表面積が大きく、子供もじっとしていないため患部にピンポイントで塗るには労力がかかります。全身塗るだけでも一仕事なのです。

関連記事