NEW
連載
垣田達哉「もうダマされない」

ニトリ会長と孫正義氏の“マスク計200万枚買い占め”で、一般の人々に回る分が減る

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

ニトリ会長と孫正義氏のマスク計200万枚買い占めで、一般の人々に回る分が減るの画像1
孫正義氏のTwitterより

 3月11日、J-CASTニュースは、ニトリホールディングスの似鳥昭雄会長が北海道に100万枚のマスクを寄贈するために調達中だと伝えている。ことの発端は、自民党の甘利明衆議院議員のツイッターアカウントで「ニトリホールディングスの似鳥昭雄さんからは故郷北海道に100万枚のマスク寄贈です」とツイートしたことだ。

 政府は3日、業者からマスクを買い上げ「北海道に1世帯40枚程度、計400万枚配布する」と発表し、メーカーや輸入業者に配布する指示を出している。当初は、実際に配布されたのは北見市などごく一部の地域で、1世帯7枚だったが、12日以降は順次計400万枚が配布されるということだ。

 さらに政府は11日、民間に約250万枚供給できると公表しているが、相変わらずマスク不足が続いている。毎日のように小売店に並んでも手に入らない状態だ。それなのに、ニトリの会長は100万枚も調達できるという。どうしてなのか。創業の地である北海道のために「少しでも医療関係者のお役に立つように」という動機だというが、政府ですら民間に供給できるのは250万枚しかない。

 誰もがマスクを欲しいが「感染者が一番多い北海道に優先的にマスクを配布するのは仕方がない」と納得する国民も多いだろう。しかし、医療従事者にマスクを提供するのは、何よりも優先されるべきである。政府は、医療従事者用のマスクも十分調達できたからこそ、民間に250万枚供給できると言っているはずだ。

 そうであれば、民間企業のニトリが100万枚のマスクを調達できるのであれば、全国の店頭で販売するべきではないだろうか。そのほうが一般の人々も、おそらく北海道の人々も、皆喜ぶだろう。もちろん、北海道の医療従事者にすれば、マスクはどれだけあっても足りないかもしれないが、それはどの地域の国民も同じだ。

 問題は、似鳥会長だから100万枚ものマスクが集められるのではないかということだ。ニトリへ商品を納入する企業にすれば、会長から「マスクをなんとかしてほしい」と言われれば、今後の取引のこともあり、ニトリに優先的に供給する可能性がある。そうでなければ、今の時期、どうして100万枚ものマスクが集められるのか。

誰のためのマスク買い占めか

 一方、ソフトバンクグループの孫正義会長は「簡易PCR検査を無償で提供したい。まずは100万人分」とツイートしたが、医療崩壊を招くという批判が多く、11日に厚生労働省を訪問し「100万枚のマスクを介護施設と開業医へ寄付する。発注は終わった」と報告している。

関連記事