NEW
企業・業界

メルカリとドコモ、ポイント相互利用は最強?ドコモが狙う“メルカリ丸呑み”構想

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドコモとメルカリ スマホ決済で提携(写真:つのだよしお/アフロ)

 キャッシュレスのスマホ決済業界の本格的再編が加速する。

 メルカリと同社傘下のメルペイ、NTTドコモは業務提携を発表。5月にも両社の持つ会員アカウントを連携させる。ドコモの共通ポイント「dポイント」は約7300万人の会員を持つ。月間1450万人が利用するフリマアプリ「メルカリ」で商品を購入する際に、dポイントをためることができる。たまったdポイントはメルカリでの買い物に使える。

 NTTドコモ、メルカリのスマホ決済では残高を相互に利用できる。ドコモの「d払い」とメルカリが手掛けるメルペイの加盟店を共通化し、営業活動も両社で共同して行う。18年4月にドコモが投入した「d払い」は20年1月に利用者数が2200万人を突破し、19年同時期の約2倍に拡大した。決済可能な店舗やサイトも136万カ所に達する。

 一方、メルペイは19年2月にサービスを開始し、利用者数は600万人。決済可能な店舗やサイトはd払いを上回る170万カ所だ。両社の提携は、事実上のスマホ決済サービスの統合である。

メルカリはオリガミを買収

 キャッシュレス決済はIT大手の合従連衡が進む。スマホ決済市場で断トツの首位を目指すソフトバンクグループ(SBG)傘下のZホールディングス(ZHD)は19年11月、LINEペイを展開するLINEと経営統合することで合意した。米国、中国の巨大IT企業に対抗するため統合を決めた。SBGのPayPay(ペイペイ)とLINEペイのスマホ決済2強の事業統合で、PayPayの一強体制がさらに強まることになる。

 離合集散が相次ぐなか、スマホ決済の草分けといえるベンチャーが姿を消した。オレンジ色に折り紙のマークが目印のスマホ決済「Origami Pay(オリガミペイ)」は決済手段としての参入はどこよりも早かった。だが、各社の大型還元キャンペーンに呑み込まれた。18年12月期は売上高2億円、営業損益が25億円の赤字だった。「このままいくと資金ショートが時間の問題」(関係者)だった。

 メルカリは2月、傘下のメルペイを通してオリガミの全株式を取得した。投資会社や出資企業など持っていた株式を1株当たり1円相当となる260万円程度で買い取った。オリガミはスマホ決済のスタートアップ企業として注目を集め、一時期、企業価値は417億円と評価されたこともあったが、スマホ決済の乱売合戦に巻き込まれ、あっけなく失速した。

 メルカリはオリガミを取り込み、スマホ決済の強化を図る。オリガミの強みであった地方の信用金庫との連携を深める。

メルカリがドコモと提携するのはPayPayに対抗する狙い

 メルカリがNTTドコモと提携する狙いは何か。スマホ決済市場で一強体制を築きつつあるPayPayに対抗する狙いがあることはいうまでもない。

関連記事