NEW
高橋潤一郎「電機業界の深層から学ぶビジネス戦略」

【新型コロナ】海外工場の操業停止と輸出販売激減、報じられない壊滅的実態

文=高橋潤一郎/クリアリーフ総研代表取締役
【この記事のキーワード】

, ,

【新型コロナ】海外工場の操業停止と輸出販売激減、報じられない壊滅的実態の画像1
新型ウイルス肺炎が世界で流行 発生地の中国(写真:Featurechina/アフロ)

 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が今後どこまで広がるか、どのくらい広がって収束するか、誰にも予測がつかない。不必要に怖れる必要はないが、今のところワクチンなど医療方法が確立されるまで有効な手段はないようだ。つまりこのウイルスへの対応策としては前近代的な「封じ込め」しか当面はないということになる。

 こうしたなかでは、経済活動への打撃は大きい。本稿執筆段階では国内での爆発的感染は抑えられているが、経済への影響はすでに深刻である。欧州、北米、アジアなどあらゆる地域で感染拡大が続き、企業活動が停止している国が少なくない。当然ながら日系企業の現地工場は影響を受けるし、輸出による販売は壊滅的な打撃を受ける。

 よりコストが安いところでつくり、ワールドワイドで販売するというのがビジネスの鉄則だったが、そのリスクが今回は改めてはっきりと認識された。コストの安い地域が封鎖され、欧米では人々が外出を規制されることで消費が減速している。海外生産と輸出販売に依存していた企業は存続も危ぶまれる事態となっている。

 電機業界の専門情報媒体であるクリアリーフ総研で報じた業界各社の現状から、そのいくつかをピックアップすることで、海外工場や輸出型企業の現在の状況を再認識し、新たな企業存続のスキームを考えてみたい。今はまだその余裕がないかもしれないが、人は喉元過ぎると熱さを忘れる。危機を認識している今こそ、新しいスキームを考える機会である。

自動車メーカーは欧州生産と中国販売で大打撃

【新型コロナ】海外工場の操業停止と輸出販売激減、報じられない壊滅的実態の画像2 トヨタ自動車は、新型コロナウイルスの影響で操業を停止していた中国工場が2月末までに再開を果たしたばかりだが、今度はコロナウイルス感染の中心地となった欧州で2工場の生産を停止させた。さらに北米工場も同様で、中国の次は欧米での生産休止を余儀なくされている。

 生産を停止させたのは、欧州ではフランスとポルトガルの工場。フランスでは小型車を、ポルトガルではスポーツ多目的車(SUV)を、それぞれ生産している。欧州での感染が拡大していることから、フランス工場は3月18日から、ポルトガル工場は3月16日から、それぞれ生産を停止している。北米地域も同様で、いったん停止した。

 トヨタは、広州、長春、天津、成都など4地域に複数の工場があり、春節休暇から操業が止まっていたが、広州、長春、天津は2月17日、18日からそれぞれ再開、遅れていた成都も2月末までには再開した。しかし中国が再開した矢先に、今度は欧米での工場閉鎖となったかたちである。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合