NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

原油、世界的な供給不足・価格高騰に警戒…中東、新型コロナ拡大で巨大原油基地封鎖も

文=藤和彦/経済産業研究所上席研究員
【この記事のキーワード】

, ,

原油、世界的な供給不足・価格高騰に警戒…中東、新型コロナ拡大で巨大原油基地封鎖もの画像1
「gettyimages」より

 新型コロナウイルスの感染拡大による需要の大幅減とサウジアラビアの増産により、米WTI原油価格は1998年以来の1バレル=10ドル割れが予想され始めている。世界の原油貯蔵庫が今後数週間のうちに足りなくなってしまうという観測が高まっていることから、大半の産油国がこぞって処分売りする状況となっているからである(3月27日付ロイター)。

 この状態にもっとも危機感を持っているのは、世界第1位の原油生産国となった米国である。米国は27日、2兆ドル規模の景気対策法を成立させるとともに、サウジアラビアに対し、ロシアと繰り広げている原油の価格競争を方針転換するよう圧力をかけ始めた。しかし、サウジアラビアのエネルギー省は「原油減産をめぐりロシアと協議をしていない」との声明を発表した。米国から直接の働きかけを受けていないロシアが、サウジアラビアとの協議再開に前向きな姿勢を示したのにもかかわらずに、である。

 最重要同盟国である米国からの要求を袖にしてまで、サウジアラビアが価格競争路線を変えないのは、「世界の原油需要が今後10年強でピークを迎えるため、今のうちに世界の原油市場でより大きなシェアを確保することが合理的である」とする基本方針があるとの説が有力である(3月26日付フィナンシャルタイムズ)。

  世界の産油国を敵に回す覚悟で路線変更を実施したサウジアラビアだが、新戦略は今のところ功を奏していない。世界の原油需要が低迷を続けていることから、日量1000万バレルにまで拡大する予定の原油輸出量が、日量700万バレル前後とほとんど変わっていないのである(3月24日付ロイター)。

 サウジアラビアは原油生産量についても日量1300万バレルと過去最高水準に引き上げようとしているが、昨年9月の石油施設への大規模攻撃という悪夢を思い出させるような事案が発生している。

中東地域の地政学リスクが火種

 28日夜、イエメンの反政府武装組織フーシが、サウジアラビアの首都リヤドと南部の都市ジャザーンの石油関連施設に向けて弾道ミサイルを発射したのである。サウジアラビアが主導するアラブ連合軍によれば、これら2発のミサイルは米軍から供給されたパトリオットミサイルで迎撃したとのことであるが、フーシは29日に「さらなるミサイル攻撃を実施する」と警告している。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ